浦安市、新浦安の院長が歯周病、インプラント、マウスピース矯正、ホワイトニング認定医など専門資格を多数保有する歯医者
浦安で歯医者を探すなら新浦安ブライト歯科

新浦安の歯医者 歯周病、インプラント、小児歯科、ホワイトニング専門
「新浦安ブライト歯科」は安心・安全な痛くない治療をする歯医者です。
tel.047-720-4618

診療時間
平日  9:00~13:00 / 14:30~18:30
土日  9:00~13:00 / 14:00~17:30
無料専用駐車場5台あり
安心の担当医制【 土日も診療! 】
キッズスペース・テラススペース
24時間オンライン予約

HOME > 虫歯治療

Dental caries treatment

 

新浦安のブライト歯科の虫歯治療について

新浦安ブライト⻭科のなるべく削らない治療

 
 

「新浦安ブライト歯科」の痛くない虫歯治療について

 

 
銀歯の下にできた虫歯を白い詰め物で治した例です。審美的に(見た目の美しさ)も改善されました。

 
虫歯といってもごく初期のCO(要観察歯)とよばれるものであれば,削らずとも予防処置などによる再石灰化でその進行をくい止めることができます.ところがさらに進行し,明らかなう窩(むし歯による欠損・穴)ができた場合,いわゆるC 1 ~C 4 のむし歯になると,積極的な治療(むし歯を削っての処置)が必要になってきます。
比較的初期の虫歯(C1~C2)では歯の神経を残したまま虫歯を取り除き詰め物をします(充填・修復処置) 。むし歯の大きさにより,その修復法は異なってきます。
さらに進行した重症なむし歯( C 3 ~ C4 )では神経の処置(抜髄治療)が必要となります.また,以前神経の治療をした歯でも,経過が悪く再治療(感染根管治療)となる場合もあります.その場合,神経の処置後に土台をつくってクラウン()をかぶせなければなりません。
 
 

むし歯の知識と治療法を、わかりやすいアニメにしました!

 

なるべく削らない「新浦安ブライト歯科」流虫歯治療

 
前述の様に、初期の虫歯段階(CO)だと再石灰化により治癒することがあります。
その場合、無理に削ってしまって虫歯菌の侵入を増やすよりも「なるべく削らない治療」を行います。
 
 

痛くない「新浦安ブライト歯科」流虫歯治療

 
それでも、どうしても虫歯の部分を削らないといけない場合も麻酔を何段階か行い、「痛くない麻酔」をし「痛くない治療」をしております。

直接、白い詰め物をする場合

 

 

ごく初期のむし歯( CO )であれば予防処置とプラークコントロールで再石灰化による治癒が期待できますが,ある程度以上進行したものはむし歯に感染した部分を削って取り除く治療をしなければなりません.むし歯を含め必要最小限な歯質だけを削り取り, その後レシン(歯科用プラスチック)・セメント金属などの詰め物で元どおりの形に修復していきます.なかでもレジン治療は,歯質接着性(歯と詰め物の接着カ)・材料強度の向上 , 治療後の審美性向上により , その応用範囲が広がりつつあるようです。

<メリット>

  • 歯を削る量が最小ですむ
  • 治療期間が短くてすむ
  • 治療費が比較的安価ですむ

<デメリット>

  • 大きなむし歯・欠損部にはやや不向き
  • ダイナミックに歯の形を変えるような場合は不向き
  • セラミック治療ほどの表面のきれいな仕上がりは期待できない
  • セラミックや金属に比べて強度的にやや劣る
  • 時間が経っと変色・着色しやすい

型を取り詰め物を作って後で詰める(インレー修復)

 

 
ある程度むし歯の範囲が大きくなると、強度や技術的な問題から直接充填修復では対応できなくなります。そのような場合は、間接法修復で、むし歯を含めやや広範囲に歯を削って,その型をとり技工操作で詰め物を製作します。詰め物の材料は金属やセラミックス、ハイブリッドセラミックスなどがあります。
 

それぞれの材料の特徴

材料 特徴 保険
①銀歯
  • 腐食・金属アレルギーなどの問題が起こりやすい。
  • 金属色が目立つ(審美性に劣る)
②ゴールド
  • ①に比べ腐食・金属アレルギーなどの問題が起こりにくい。
  • 金属色が目立つ。
  • 適合精度に優れる。
×
③セラミックス
  • 歯と同様の色で審美性に優れる。
  • 腐食・アレルギーの心配がない。
×
④ハイブリッドセラミックス
  • 歯と同様の色で審美性に優れる。
  • 腐食・アレルギーの心配がない。
×

歯の根の中(神経)まで及んだ虫歯の治療

 
 

歯の根の虫歯の知識と治療法を、わかりやすいアニメにしました!

 

 

神経を取る(抜髄治療)治療

治療前

大きな虫歯が神経まで到達しています。

治療後

根管内にお薬が詰められています。

むし歯が歯髄(歯のなかの神経)まで達した場合やさまざまな原因により強い痛みをともなう場合, 抜髄は随を取り除く)治療が必要となります. もっともスタンタードな治療法は,歯根の先端部までの歯髄をほほ完全に取りのそきそのスペースを無菌状態で緊密に専用の詰め物で封鎖します.神経を取った後の歯は健全歯に比べ強度が劣り,割れやすくなるので,金属クラウンやセラミッククラウンなどで治療後に強度を増す必要があります 抜随治療はその歯のこれからの運命を左右する大切な基礎治療でもあります.治療を中断するとむし歯の急速な進行や根管から顎の骨への感染を起こし,その後の治療を難しくするばかりでなく,抜歯など取り返しのつかない結果になることもあります.痛みがなくなったからといって決して油断せず治療を最後まで続けましよう。

腐敗した根の治療(感染根管治療)

治療前

化膿して骨が広範囲に溶けています。

治療後

正常な骨が再生しました。

むし歯の進行や細菌の侵入などによって顎の骨の中にウミが溜まった場合や,打撲などで歯の神経が死んだ場合なとの歯根の治療を感染根管治療といいます. 自覚症状がある場合もありますが,無症状のまま慢性的に進行することも多く,そのような場合は歯科医師から指摘されて治療開始となります.治療としては根管内部の汚染 ・ 感染部分を取り除きながら洗浄や消毒を繰り返していきます.そして根管内の状態や工ックス線写真などから治癒状態を判定し 再度根管を封鎖し,治療完了となります。

歯の土台作り(コア、支台築造)

治療前

クラウン(冠)を除去して再治療すると、レジンコアと歯質の間から虫歯が進行していました。

治療中

虫歯を除去した後、歯質が薄く破折しそうな部分はあらかじめ削ります。この状態で金属のコアの型取りをします。

治療後

金属のコアを装着して形を整えた状態。後日、型を取ってクラウンを被せます。

抜髄処置や感染根管処置で最終的にクラウン(冠)をかぶせる場合,まずその土台づくり(コア・支台築造) をしていきます. 土台づくりにはおロの中で直接つくる方法と,型をとって技工操作で土台をつくって後日装着する方法とがあります . どの方法を選択するかは, 残っている歯の状態や最終的にかぶせるクラウンの種類などによって歯科医師が詳しく説明し、患者様に納得して頂いた上で決定します. その使用する材料によりレシンコア, 各種金属コア ファイバーコアなどがあります.一部の金属コアやファイバーコアは保険適応外ですが、その後、保険の物を使った場合よりも残っている部分の歯質が折れにくくなるなど、予後がかなり良くなります。