浦安市、新浦安の院長が歯周病、インプラント、マウスピース矯正、ホワイトニング認定医など専門資格を多数保有する歯医者
浦安の歯医者なら新浦安ブライト歯科

新浦安の歯医者 歯周病、インプラント、小児歯科、ホワイトニング専門
「新浦安ブライト歯科」は安心・安全な痛くない治療をする歯医者です。
tel.047-720-4618

診療時間
平日  9:00~13:00 / 14:30~18:30
土日  9:00~13:00 / 14:00~17:30
無料専用駐車場5台あり
安心の担当医制【 土日も診療! 】
キッズスペース・テラススペース
24時間オンライン予約

HOME > 院長プロフィール

Doctor’s Profile

 

新浦安の歯医者「新浦安ブライト歯科」の
院長プロフィールです

院長 久後 佑介

院長
久後 佑介(Yusuke Kugo)

日々研鑽を積み、常に皆様に最高の歯科治療をご提供致します。
 

経歴

 

  • 日本大学歯学部卒
  • 2011年 ハイデルベルグ大学 (ドイツ)にて歯周病とインプラント学 コース修了(日本人初)
  • 卒後は日本大学歯学部付属歯科病院および、都内近郊の有名医療法人歯科医院にて、多数の症例を担当し、日々研鑽を積み最先端の確実な治療技術を習得。
  • 2015年11月 新浦安ブライト歯科開院

 
 

院長取材記事 
当院院長が取材を受けましたので、ご紹介いたします。
 『病院まちねっと』
 『リーダーズ・スタイル』
 『浦安に住みたい』

専門資格・所属学会

  • 日本歯周病学会 認定医
  • インビザライン矯正 認定医
  • 米インディアナ大学歯学部 インプラントフェロー
  • 米インディアナ大学歯学部 ホワイトニングフェロー
  • 明海小学校 校医
  • 筒井塾 矯正コース 修了
  • 東京医科歯科大学卒後研修矯正咬合論 修了
  • 米インディアナ大学歯学部歯周学インプラント科  特別講演 受講
  • 京セラ インプラントPremier Master 修了
  • 「臨床歯周病学とインプラント学のコース」ハイデルベルグ大学(ドイツ)Clinical Periodontology and Implantology corse at the university of Heiderberg in Germany 修了
  • 白石和仁 歯周外科テクニックBasic 修了
  • 公益社団法人 日本口腔インプラント学会認定コース 受講
  • 浦安市歯科医師会 会員
  • 日本歯周病学会 所属
  • 日本口腔インプラント学会 所属
  • インプラント再建歯学研究会 所属
  • 日本歯科放射線学会 所属

こんにちは!院長の久後です。

 
こちらでは、歯科医師になるまでの私の生い立ちや、ここ新浦安という地で開業するにあたっての想いを書かせて頂きます。

小学生時代

私の小学生時代は、飛び抜けて何かができるわけでもない、ごくごく普通の小学生でした。地域のスポーツクラブに入っても、レギュラーというよりは補欠という感じでした。その点私には、4つ上の兄がいるのですが、兄は、野球とバスケットが得意で、勉強もできてなんでもできるスーパーマンでした。兄弟がいる方はよくわかると思うのですが、どうしても同性の兄弟は比較されてしまい、年も離れていたので、劣等感が常につきまとっていました。
私の兄は、大変な努力家です。大学卒業後も国家資格最難関と言われる公認会計士試験に合格し、また健康管理にも厳しく、体脂肪率を常に一桁台ぐらいまで体を引き締めていて、少しぽっちゃり気味(^^;)の私を叱咤激励してくれます。そんな兄を、今は尊敬しており、自身に甘くなりそうな時は兄の顔を浮かべて頑張るようにしています。

中学、高校時代

中学は、同じ県内で、父親の実家の近くへ引越しをすることになりました。そこで、中学受験をし、そのまま父親の母校へ入ることになりました。
父親が中学生の時に教師だった人に、私も教えてもらうことになり、嬉しい反面ここでも父親との比較をされ、どちらかというと優秀な方ではなかったので、そのギャップに苦しみました。
「お父さんはもっとできたぞ?」と、先生が、冗談で言ってくれてはいるのですが、なかなか複雑な思いでした。(^^;)
この頃から、自身の将来について、父と兄との二人と違う分野に進もうと無意識に模索していたと今振り返れば思います。
そして、高校生に入り、将来について真剣に考え始めた時に、小学生の頃に、近所の歯科医院でほめられることがすごくうれしくて、喜んで歯科医院に通っていたことを思い出しました。
 治療内容も、自慢じゃありませんが、一通り経験しています。その当時に子供ながら、「もし自分が歯医者になれば、患者さんの不安な気持ちや、治療に関しての不満な気持ちがよくわかるいい歯医者になれるなぁー」と思っていました。
そして、歯科医師になることを決意しました。

大学時代

大学時代の転機は二つありました。
一つ目は、歯学部というのは、様々な理由から1年生でも年齢が上の方もいて、その友人の一人に本を読むことを教えていただきました。
大学に入るまで、恥ずかしながら、ほとんど本を買って読んだことはなかったのですが、その方に出会ってから、月に1度は本屋に行き、本を読み漁るようになり、自分の中の人生の可能性や、人生観が大きく変わっていきました。
本は素晴らしいです。人類の英知です。おおよそ、人間が悩むことは、すでに数千年の人類の歴史の中で語り尽くされてきたと思います。そして、それに対しての対処法や乗り越える方法なども、同様に語り尽くされてきています。
今、悩んでいることなど、きっとどこかの時代の誰かも同じような悩んでいたんだろうと思うと、すごく勇気づけられます。
2つ目は、父の死です。
大学5年生の時に、普段あまりかけてこない母親から携帯に連絡があり、胸騒ぎをしたのを今でも覚えています。
夏の終わりでした。電話を折り返すと、母親が「落ち着いて聞いてね。お父さんが倒れた。あまりよくないらしいから一度帰ってきて」と。
結果は、膵臓癌。
末期ですでに手の施しようがない。
余命3ヶ月と宣告されました。
青天の霹靂とはまさにことのことかと。
連絡をもらって急いで、実家に帰った時、父親は普段通り笑顔で出迎えてくれて、特段変わった様子はありませんでした。
なので、初めは何かの間違いかと思いましたが、1ヶ月もすると目にみえて衰弱していき、病魔が進行していることがわかりました。
 今でも忘れないのが、その短い元気の間に、父が自分で自分の仕事の書類を整理している時があったのですが、おそらくたまらなくなったのか、突然、涙を流し始めました。息を殺して息子にその姿を見られないように必死に我慢しながら。私は、父のそんな姿を見たことがなかったので、驚きました。
50代前半で、そんなことになってきっと悔しかったのだろうと思います。
宣告通り、3ヶ月後に安らかに永眠しましたが、そのことから学んだことが一つあります。
当たり前ですが、「人は死ぬ」ということです。
「死」を考えるからより「生」が輝く。
昔に比べ、現代社会は、「死」をタブー視して、あまり見せないようにしたり、感じたりしないようにして、死からの距離を遠ざけています。
だからこそ、「生」に対しても有り難みや実感がなく、ニートのような問題もでてくるのだと思っています。
人生50年だと思えば、無駄にしている時間は1分1秒たりともなく、「死ぬこと」を強く意識すればするほど逆説的に、「生きる」ことが輝くような気がしてならないです。

歯科の実習中
歯科医師になって

卒業して、大学病院で研修を1年間しました。その後、日本大学歯学部付属歯科病院歯周病科の医局に在籍しました。
その間、ドイツのハイデルベルグ大学に留学する機会があり、歯周病とインプラントについて徹底的に学びました。
それ以外にも、国内で、筒井塾セミナー、インプラント講習会、京セラマスターコースなど、種々の勉強会に参加しながら研鑽を積んできました。
臨床を通じて思うことは、もちろん、歯の磨き方、遺伝や体質もあるとは思うのですが、歯が悪くなる理由の一番の違いは、「意識」だと思います。
歯科医師や、歯科医療従事者の方は、歯が悪い人がいません。
当たり前といえば当たり前かもしれませんが、事実そうです。
私自身も、大学に入るまえまで、虫歯は普通にありましたが、大学に入ってからは、一つもなったことはないです。
それは、歯周病や虫歯などの周辺の知識がつきましたし、仕事柄、歯がなくなるとどうなるかというのを見ているからです。
ですから、歯科医院というのは、治療することはもちろんですが、歯科の知識や、情報に興味を持ってもらえるように患者さんに伝える機関であるべきだと思うのです。
口の中の治療は、見えにくく、任せきりになりがち、興味もなくなりがちなので、まずは見えるようにして、十分にコミュニケーションを取り、一緒に健康状態の改善に取り組んでいきたいと思います。

新浦安というハイセンスな地での開業

新浦安には、妻の実家があるため、訪れては日本とは思えない様な素晴らしい街の光景に魅力を感じていました。
私がこの新浦安という地を開業地に選んだ理由は、やはりこのハイセンスな街並みに魅了された事は勿論ですが、それ以上にここに住んでいる住民の皆様の知識と教養の高さ、またその意欲の高さを感じたからです。
当院は最先端治療が出来る歯科医院であると同時に、ともに学んで協力し、健康を向上させられる居心地のよい集いの場でもありたいという思いがあります。その特性を活かせるのは、新浦安という地しかないと確信し、それを実現するに至りました。是非、お気軽に何でもご相談下さい。私達が出来る精一杯のお手伝いをさせて頂きます。

歯周病認定医の院長による精密な治療と丁寧な説明

 

適宜、カウンセリングルームなどでしっかりと患者様のお声をお伺いし、患者様に最善の治療をご提供できるように努めております。不安な事はお気軽にご相談ください。
浦安・新浦安の歯医者なら
ブライト歯科

〒279-0013 千葉県浦安市日の出5-6-1 パークシティ東京ベイSea109 
シンボルロード沿い1階の歯医者さん
JR京葉線 「新浦安駅」・地下鉄東西線 「浦安駅」より
11番系統バス「ベイパーク」停スグ!
医院裏に 専用無料駐車場・待合室に キッズルームあり
電話番号0477204618

受付時間 9:00~18:30(土日は17:30迄)
定休日:祝日のみ
診療科目
虫歯治療、歯周病治療、インプラント、小児歯科、予防歯科 、ホワイトニング、審美歯科、口腔外科、矯正歯科ほか
© 新浦安の歯科・歯医者なら「新浦安ブライト歯科」