浦安市、新浦安の院長が歯周病、インプラント、マウスピース矯正、ホワイトニング認定医など専門資格を多数保有する歯医者
浦安で歯医者を探すなら新浦安ブライト歯科

新浦安の歯医者 歯周病、インプラント、小児歯科、ホワイトニング専門
「新浦安ブライト歯科」は安心・安全な痛くない治療をする歯医者です。
tel.047-720-4618

診療時間
平日  9:00~13:00 / 14:30~18:30
土日  9:00~13:00 / 14:00~17:30
無料専用駐車場5台あり
安心の担当医制【 土日も診療! 】
キッズスペース・テラススペース
24時間オンライン予約

HOME > マタニティ歯科

Welcome to " maternity dental care"
by Shinurayasu Bright dental

 

マタニティ歯科のご紹介
~浦安で妊婦さんも安心の歯医者さん

  • 妊娠をすると、身体や心だけでなく、お口の中の状態も大きく変化します。
  • 歯や歯茎のトラブルが起こりやすくなる時期です。
  • ママが虫歯になると、赤ちゃんが虫歯になるリスクも高まります。赤ちゃんがお腹の中にいる「マイナス1歳」からしっかりとケアをしていきましょう。

 
 

妊娠すると・・・

 

  • 食生活が変わる、間食が増える。
  • つわりでしっかり歯磨きができない。
  • 女性ホルモンの増加で体調が不安定

  

特に女性ホルモンによる歯肉への影響は大!
 
歯周病の原因菌の中には、女性ホルモンを特に好んで繁殖する種類があります。そのため、歯肉がムズムズしてうずいたり、腫れたりすることが多くなります

妊娠性歯肉炎

 
女性ホルモンの増加の影響で、歯肉に炎症が起こります。腫れがひどくなると出欠を伴うこともあります。
妊娠初期からみられ、妊娠中期に最も多くみられるようです。妊婦さんの約半数以上がなるといわれています。

歯周病の人の早産のリスクは、歯周病でない人の7.5倍!?

重い歯周病にかかった方は、早産や低体重児を生むリスクが高いと報告されています。歯周病菌が血管に入り込み、子宮の筋肉に陣痛と似た収縮を引き起こすため、早産を招くことがあるようです。
早産の原因に、高齢出産、タバコ、アルコールなどがよく挙げられますが、それらよりもはるかに高い原因となります。歯周病は、治療だけでなく、予防が非常に重要な疾患です。確実な歯周病予防を行うことが、赤ちゃんの健康のためにも大切なのです。

生まれてくる赤ちゃんのために

ママができる3つのこと

 
虫歯治療をする
赤ちゃんに虫歯菌がうつるのを防ぎます。
日頃から定期的なお口の健康管理を行うといいですね。
 
出産前の歯茎のケア
早産・低体重児出産を防ぎます。
 
出産後の歯と歯茎のケア
「出産したら歯が悪くなった」ということを防ぎます。お口の悩みがなくなり、出産後、お口の状態を気にせず笑顔で子育てができます。

赤ちゃんの歯はママのお腹の中で作られます

妊娠7週目ごろには、乳歯や味を感じる機能が出来始めます。妊娠4か月ごろには、永久歯も出来始めます。衆参時には、歯茎の中には乳歯がしっかりと形づけられ、永久歯の芽も植わっている状態です。
ママのお口のケアは生まれてくる赤ちゃんのお口の健康にも影響するのです。
 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません!

虫歯菌や歯周病菌は、ママ(その他ご家族の方々)から感染することが多いです。キスやスプーン、箸、コップを共有することでうつってしまいます。
ご家族の虫歯菌を減らしておけば、赤ちゃんの感染年齢を遅らせることができ、虫歯予防につながります。

赤ちゃんにはもともと、虫歯菌はいないのに、周りの大人からうつってしまうのです!

赤ちゃんだけでなく、
ご家族の方の歯科検診や受診も大切なのです。

マタニティ歯科治療のQ&A

妊娠中に歯科治療をしても大丈夫ですか?

歯科治療は可能です。

安定期とされる妊娠中期(5か月~7か月)が望ましいです。この時期は、ほとんどの方が問題なく治療が受けられます。妊娠初期や、母体に負担がかかる後期は、緊急を要しない限り応急処置や口腔衛生指導にとどめます。心配な場合は、歯科治療を受ける前に、産婦人科の担当医にも一度相談されることもお勧めします。

妊娠したら、お腹の赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなるって本当ですか?

これは赤ちゃんのせいではなく、つわりなどによってお口のお手入れが行き届かなくなるからです。

妊娠すると、唾液の分泌が減少し、酸を中和する能力が低下してしまい、虫歯になりやすいのです。妊娠したら、特に虫歯や歯周病予防が大切です。

いつ歯磨きをしっかりとしたらいいですか?

一番お口の中に細菌が多い、朝起きた時がおススメです。

起きたばかりのお口の中は、実はウンチの10g分にも相当するほどの細菌(プラーク)でいっぱいなのです。そのため、寝起きは口臭が酷い、という方も多いですね。寝ている間に細菌が増えるため、その前に最大限にプラークを取り除く目的で、夜寝る前の歯磨きも、もちろん大切です。また、歯磨きは「風邪、インフルエンザ予防」にもなります。面倒くさがらずに、妊娠中の歯磨きも頑張りましょう。

治療にあたって

妊娠中であることをお伝えの上、母子健康手帳をお持ちください。
妊娠中の歯の状態のページをチェックすることができ、当院側もあなたの健康状態がよくわかります。
 

レントゲンや麻酔について

歯科治療に使うレントゲンは歯の部分だけを映すものです。お腹に直接当たることはありませんし、撮影を行うときは、鉛のエプロンを首からかけ、確実に被爆を防ぎます。
また、歯科治療に使う麻酔は「局所麻酔」という方法で、使用する麻酔薬も通常使用量では安全と言われています。
 

投薬について

投薬が必要な場合も、お腹の赤ちゃんに影響せず、妊娠中や授乳中でも安心して使用できる抗生物質、鎮痛薬があります。ご心配な場合は産婦人科の担当の先生とも相談しながら服用すると良いでしょう。

ご予約は「あなたのための新浦安の歯医者さん」

 

お電話でのお問合せはこちら

tel.047-720-4618

診療時間 (月~金)9:00~13:00 /14:30~18:30
  (土日)9:00~13:00 /14:00~17:30
休診日  祝日のみ
 
24時間オンライン予約はコチラ