WEB予約は24時間受付中!

新浦安の歯医者が送る歯科治療と歯の豆知識ブログ!

歯を失ったときの治療とは?

WRITER
 
歯を失ったときの治療法
この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
詳しいプロフィールはこちら

【基本的には3通り!】歯を失ったときの治療の選択肢

歯を失ってしまったときの治療法の選択肢について、歯医者さんから「どれにしますか?」と説明を受けたけど、その場ではよくわからなかった!!

ハテナくん

という方も多いかと思います。

そこで、歯を失ったときの治療法の基本的な3種類についてメリット・デメリットを詳しくご説明したいと思います!

❶ブリッジ

歯を失った場所にダミーの歯を入れるための連結型の被せ物です。
両隣の歯を橋(ブリッジ)のように支えとして使用します。
被せ物を両隣の歯に被せてガッチリと固定します。

ブリッジ

メリット

  • ガッチリ固定されるので、違和感が少ない。
  • 噛む力が落ちない。
  • 審美性を重視したブリッジの場合、自然な見た目に回復する。

デメリット

  • 支えの歯を作るには、歯を削る必要がある。(支える歯に既に被せ物が入っている場合は新たに削る必要はない)
  • 支える歯の負担が大きくなるので、支える歯が傷んでしまうことがある。
  • 部分入れ歯よりも適応症を選ぶ。
  • 連結型なので汚れがたまりやすく、きれいにお手入れするには慣れや練習が必要。

❷部分入れ歯

人工歯がついた床を歯茎の土手に乗せて使用します。
取り外し式のクラスプと呼ばれるバネを使うタイプや、磁石やインプラントを使って外れにくくするタイプなど種類は様々です。

部分入れ歯の構造

メリット

  • どの歯を失った状態でも治療ができ、多くの患者様に適応可能。
  • 歯をあまり削らなくて済む。
  • 比較的費用や時間がかからない。
  • 取り外し式なので、お手入れがラク。

デメリット

  • 使い慣れるには努力が必要。
  • 噛む力が弱くなる。
  • 治療後に調整が必要。
  • クラスプをかける歯など、固定源になる歯に負担がかかる。
  • 安定した部分入れ歯にするために、クラスプをかける固定源の歯の形を削って整えることがある。

❸インプラント

チタン製のインプラント体をあごの骨の中に埋め込み、その上に人工歯を被せます。
インプラント体とあごの骨がガッチリと結合するので、自立し、支えの歯が不要です。

インプラントの構造

メリット

  • 自立するので、周りの歯に負担をかけずに済む。
  • 周りの健康な歯を削る必要がない。
  • 噛む力が落ちない。
  • 違和感がほとんどない。
  • 見た目が天然歯に最も近い。
  • お手入れがラク。

デメリット

  • 手術が必要
  • 治療費が高価
  • 治療期間が長い場合がある。
  • あごの骨が足りない場合、オプションで骨を増やす治療(再生治療)が必要。
トピックス:歯の移植

歯の移植

別の部分にある自分の天然の歯を移植する。移植可能な不要な歯が必要で、治療の条件はかなり限られるが、適応であればインプラント体や人工歯などは不要。

これら代表的な治療法のメリット・デメリットを把握した上で、自分に最適な治療法を選び、後悔のないようにしましょう!

アヤ先生

新浦安ブライト歯科オンライン予約
この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 新浦安の歯医者さん豆知識 , 2018 All Rights Reserved.