WEB予約は24時間受付中!

新浦安の歯医者が送る歯科治療と歯の豆知識ブログ!

デンタルフロスが入らない!?

WRITER
 
デンタルフロスの必要性と使い方
この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
詳しいプロフィールはこちら

歯医者さんでデンタルフロスを使うように勧められたけど、ボクは歯のすき間が狭すぎてフロスが入りづらいんだ…。こんなに狭いんだし、汚れも入りづらいからフロスは使わなくても良いよね?

ハテナくん

汚れ(プラーク)の元となる細菌は歯ブラシが物理的に入らない歯と歯のすき間にも侵入できます。
歯間が狭くて通しづらい場合は、ワックス付きの物や『特殊な糸』の物がおすすめです!

アヤ先生

デンタルフロスの必要性

歯間部は汚れが溜まる
どうしてデンタルフロスでわざわざ歯と歯の間を磨かないといけないのでしょうか?
できれば歯ブラシだけで終わらせて、面倒なことはしたくないですよね。

正常な歯と歯の間の歯肉は鞍状クラジョウにくぼんでいます。

歯と歯の間の歯肉の形態

歯と歯の間の歯肉は鞍状になっていてプラークがたまる!

このくぼみにはプラーク(細菌の塊)が停滞しやすく、また歯と歯の間の歯肉は構造的に弱い組織のため、歯間部は虫歯だけでなく、歯周病が起こりやすい部位なのです。
歯と歯のすき間はたとえ歯ブラシの毛先が入らなくても、細菌は入り込みます。

この細菌は歯周病の原因になります。そのため、この部分を歯ブラシで注意して磨けば良いと思われている方も多いでしょう。
ですが、歯ブラシでは溝の中のプラークは完全に取り切れないだけでなく、無理に溝の中にブラシの毛先を入れて磨く事を続けると、歯茎が傷つき痩せ、虫歯になりやすい歯の根面が露出してしまいます。

歯茎を歯ブラシで磨く

力任せに無理に歯茎の溝の中にブラシの毛先を入れようとすると、歯茎を傷つけてしまいます。

よって、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスによる歯間清掃は虫歯や歯周病の予防に必須なのです。

デンタルフロスのお勧めの使い方

ワックスタイプなら挿入しやすい

デンタルフロスには、指に巻いて使用する糸巻き(ホール)型と、柄に糸(フィラメント)が取り付けられたホルダー型があります。
ホルダー型は形状によりF字型とY字型にわけられ、糸とホルダーがセットになっているものや、糸巻き型を内蔵しているものがあります。

デンタルフロスの糸は、歯間部に挿入しやすいように繊維の滑りをよくしたワックスタイプと、ワックスを使わないノンワックス(アンワックス)タイプに分かれます。

歯のすき間が狭い場合は、ワックスタイプが入れやすいのでおすすめです。

アヤ先生

動かし方にもコツがある!

デンタルフロスを挿入するときは「グイッ」と押し付けるように一気に入れると、歯と歯の間の歯肉(歯間乳頭シカンニュウトウ)を傷つけてしまいます。

それを避けるためには、のこぎりを引くように糸を横に動かしながらゆっくりと挿入していきます。

そして歯茎に糸が届いたら、糸を歯のカーブに沿わせて上の歯の場合は上から下へ、下の歯の場合は下から上へと動かして、プラークをかき出すように取り除きます。

デンタルフロスの使い方

①歯の根元に糸を当てて
②上から下へ歯のカーブに沿って繰り返し動かす。

デンタルフロスの形状による違い

糸巻き型は、両手の4本で持つので細かく糸を動かせますが、うまく動かすには「慣れ」も必要です。

デンタルフロス糸巻き型
糸巻き型の持ち方

ホルダー型を使うなら、F字型よりもY字型の方が歯のカーブに沿わせて動かしやすいでしょう。
デンタルフロスホルダー型ホルダー型の場合、糸はしなりと強度のあるものが望ましいです。例えば、ライオン歯科材の「ウルトラフロス」は「テクミクロン」という高耐久性を持ち低摩擦力の繊維材料を使用しています。

歯のすき間が狭い場合はウルトラフロスS(Sはフィラメントが50本、Mは100本でSの方が細い)が使いやすいでしょう。

どのタイプを使うにしても、デンタルフロスは歯ブラシとは動かし方も持ち方も違うので、自己流ではなく、歯科のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士にしっかりと「自分に合ったタイプ」や「使い方」を教えてもらってから使用するようにしましょう。

アヤ先生

歯科医院でプロのクリーニングを受け、ホームケア法も習う

綺麗な歯このように、歯科医院に行き超音波などの特殊な歯科機器でプロのクリーニングを受けるとともに、歯ブラシとデンタルフロスの使い方を学ぶことが「一生自分の歯で美味しく食べられる」ために最も重要で基本的なことです。

隙間の細かな汚れも取れ、気持ちが良くなりますが、歯だけでなく心もスッキリと気持ち良くなりますよ!

新浦安ブライト歯科オンライン予約
この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 新浦安の歯医者さん豆知識 , 2018 All Rights Reserved.