2017/11/30

子供の矯正歯科治療のメリット

 
子供の歯は成長を利用して無理なく矯正できる

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 236

子供の矯正歯科治療のメリット

今回は当院でも大人気の「子供の矯正歯科」についてよく頂くご質問をお答えしようと思います。

ブライト君

Q.『こどものうちから矯正歯科治療を受ける場合のメリットは?』

ハテナ君

 

A.『骨の成長発育を生かして治療できるのが最大のメリットです』

アヤ先生

早期治療をすることで、ケガの予防にも

矯正歯科治療は大人になってからでも受けられますが、幼少期から治療を受けることで、歯並びを理想的な状態に改善できるケースが多くみられます。

というのも、骨の成長が止まっている大人の場合は、あごの骨の大きさは手術以外ではほとんど変える事ができませんが、まだ成長段階にあるこどもの場合は治療によって上下のあごの成長を抑制したり促したりしてバランスを整えることができ、骨格的な改善をはかることができるからです。

子供の歯は成長を利用して無理なく矯正できる
また、使用する矯正装置も比較的シンプルなもので済むことや、永久歯より乳歯の方が働きやすいため、弱い力で歯を動かせることも早期治療のメリットです。

加えて、出っ歯のこどもは日常生活の中では上の前歯をぶつけやすく、歯が折れたり抜けたりするリスクが高いという調査結果がありますが、早期治療を行うことでこうしたリスクを軽減できるといわれています。

こどものやる気を持続させることがポイントに

逆に、デメリットとしては、治療期間の長さが挙げられます。

通常、早期治療は成長が終わるまで保定治療を行う事も多いため、早期治療後の経過観察を含めると、幼少期から始めた矯正歯科治療は成長発育が終わるまで続くことになります。

もし、お子さん自身が矯正治療に前向きではなかった場合は、歯のお手入れ不足から虫歯ができやすくなってしまいます。

もちろん、当院医師、スタッフともにお子さんと丁寧に接し、前向きに取り組んで頂けるように努力はし続けますが、ご家族のサポートで、お子さんのやる気を継続させてあげることが最も大切です。

アヤ先生

 

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.