2017/12/25

矯正治療を考える前に

 
乳歯の永久歯への生え変わりの時期

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 132

矯正治療を考える前に

矯正は何歳くらいから始めれば効果的なのでしょう?

ハテナ君

そのことを考える前に乳歯と永久歯の生え変わりについてみてみましょう。

乳歯の永久歯への生え変わりの時期

昆虫のさなぎ、蛇の抜け殻、オタマジャクシのしっぽなど、多くの生物は成長の為、からだの一部を使い捨てる仕組みをもっています。

人間も、お母さんのお腹から出た後、成長にともなって乳歯を使い捨てます。

大人の歯は5歳過ぎから6歳までの間に、まず下あごの前歯、上下の奥歯(第一大臼歯)から生え始めます。

小学校の2~3年生で大きな上の前歯が生え、小学校の高学年を通じて小臼歯が生え、中学を卒業するころまでに一番奥の臼歯がしっかりと噛みあうようになります。

この臼歯の完成は、大人の体になる第二次性徴の時期と重なります。

この過程で、乳歯の脱落が虫歯などの理由で遅れたり、あるいは噛む力が不十分なために頭の骨やあごの骨の成長や歯列のアーチが十分に広がらなかったり、舌の指の癖の為に永久歯の生え方が邪魔されるなどの障害が起こると、噛み合わせの異常を生じます。
また、乳歯がいつまでも抜けずに残っていたり、永久歯がちゃんと生えそろわない、余分な歯が生えてしまうなど、人によって様々な異常があります。

これは主に遺伝的な要因によるものです。

永久歯への生え変わりが平均より2年くらい遅くても心配はいりませんが、あまり遅い場合はお気軽に当院へ相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.