2017/12/25

歯科矯正治療の本当の目的

 
矯正治療中や矯正治療後の注意

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 138

歯科矯正治療の本当の目的

小さな歪みが大きな歪みになっていく

矯正治療では、前回のブログ記事で説明した方法で悪い歯並びを治します。

針金やゴム、あるいは入れ歯のような装置を利用して、歯に持続的な力を加え、バランスのとれた位置に歯を動かすのです。

この治療がうまくいくと、骨の成長を促すこともできます。

ただし、歯を動かすためには十分な時間が必要です。

針金やゴム、または最新のプラスチックに近い軟らかい素材を使って力を加えても、舌や唇がそれに抵抗しているときには、思い通り歯が動かないからです。

逆に、舌や唇の力関係が動かしたい向きに協力的に働けば、装置の力は小さくても十分に歯は動きます。

しかし、その装置の力は、あくまでも一時的なものです。

矯正治療中や矯正治療後の注意

歯を口と顎や舌はセットで力関係を築いていますから、悪い歯並びは悪い姿勢や癖など、どこかに生じた小さな歪みがあると複雑に増幅され、大きな歪みとなって、また悪い状態に戻ってしまいます。

ブライト君

この大元の原因を改善せずに矯正治療を受けても、いい結果は得られません。 歯科矯正治療の本当の目的は、実はこのような悪い歯並びや噛み合わせを生む大元の因子を改善し、健全な噛み合わせを育成・維持・回復することにあるのです。

見た目を美しくするのが歯科矯正治療だと思われがちですが、決してそれだけではないのです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.