2017/11/30

悪い歯並びを治す矯正治療

 
歯の位置が変化して動く原理

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 151

悪い歯並びを治す矯正治療とは

矯正治療のメカニズム

歯はあごの骨の中に植わっているために、簡単には動かないような気がします。

しかし、実は弱い力を持続的に加えるだけで歯の位置は簡単に動いてしまうのです。

オーバーに表現すれば、歯は上下のかみ合わせと、舌・口唇・頬の筋力などのバランスの上で位置を保っている「浮船」のようなものです。

矯正治療では、この原理を利用して歯を移動させます。

同じ理由で、噛み癖などのように、日常生活でも弱いけれども長時間持続する力が加えられれば、歯並びやかみ合わせが変化する原因になります。

たとえば、絶えず口を開いたままでいると出っ歯になるということをご存知ですか?

ブライト君

口唇の外から内へ向かう圧力が働かないので、舌に押された歯が外側に傾くのです。また、噛み合う歯のなくなった歯は伸びだしてきます。

隣の歯がなくなれば、そちらに傾いてしまうのです。

歯の位置が変化して動く原理

このため歯を抜いてそのままにしていると、「石が外れた石組みの橋のように、小さな力が加わるだけで、歯列のアーチが崩れてしまいます。

崩れてしまったアーチはちょっとやそっとでは元通りに回復できません。

また歯並びだけでなく、左右どちらか片方で噛み締める癖があると噛み締める側の顔が短くなり、顔の左右がアンバランスになるような事態をもまねいてしまうのです。

歯が抜けてしまったけど、歯医者さんに相談的無くて…という方も、「なるべく短期間で治す方法」「なるべく負担の無いように治す方法」のご相談にものらせて頂きますので、お気軽に新浦安ブライト歯科へご相談下さいね。

アヤ先生

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.