2017/12/25

良い歯並びやかみ合わせの基準

 
適正な歯並びの基準

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 119

歯並びには、身体に理想的な形や状態はあるのか?

今回よりしばらくは、特にお子様を持つお母さまがとても気になる『歯並び・かみ合わせ』の問題についての記事をご案内しようと思います。

お子様やご自身が、歯並びが悪い事や、うまく歯がかみ合わないことを気にされている方が近年特に多いです。

しかし、これはそもそも病気なのでしょうか?

おそらく特別な場合を除いて、歯並びやかみ合わせの異常は、「病気」と呼ぶより、「障害」と呼ぶ方がふさわしいかもしれません。

適正な歯並びの基準

このような障害を改善する医療では、病気の治療と違って、患者様自身の感覚が大きく反映されるため、その良否を判定する客観的な基準がはっきりしないことが多いのです。

異常か、正常かの判定基準を作ることも簡単ではなく、そのためにしばしば、理想的な形や状態を基準にして以上の程度を判定したり、治療の目標を決めることがあります。

「おいしく食べ物が食べられて、楽しくおしゃべりが出来て、大きなお口で遠慮なく笑える」このことは快適に眠れるのと同様に、人が生きていく上でとても大切なことです。

ですから、患者様自身が、よりよい状態を求めることは当然です。

そして、歯科の専門家は適切なアドバイスをくれるはずです。

しかし、障害の治療では治療すべきかどうかはもとより、どのような状態に改善すべきかという判断を下すものも患者様自身なのです。

よく学術的に言われる基準は上図のようなものですが、実際は自身の満足が最も大切だと言えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.