2017/11/29

歯周病がひどくなっても歯を抜かない方法はないの?

 
歯周病治療で歯を抜く理由

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 116

歯周病がひどくなっても歯を抜かない方法はないの?

昔の歯科治療では、歯周病がひどくなると、まずガタつく歯を固定し、さらに悪くなると簡単に抜いてブリッジや入れ歯にしていました。

現在では、歯周病の病因が明らかになり、さまざまな治療方法が開発されたため、歯を抜くことは減りました。

しかし、歯周病があまりにひどくなった場合、抜歯は依然として一つの大切な処置法です。

たとえ歯周病がひどくなったとしても、奥歯の根は複数に分かれ、複雑な形をしているため、簡単にはグラグラしないものです。

歯周病治療で歯を抜く理由

また前歯も、互いにつないで固定してあればグラグラしません。

歯茎が急に腫れることはあるでしょうが、ちょうど火山の活動のようなもので腫れや痛みが治まれば、落ち着きを取り戻し、治ったように思えます。

こうした症状を繰り返していると抜歯を避けたくなるものですが、時には抜歯がむしろ隣接する健康な歯を守ることも多いのです。

ひどい歯周病は周囲の組織も確実に破壊するからです。

抜歯をすれば、歯周病は嘘のように解決します。
もし、いろいろな処置にもかかわらず歯茎の腫れや膿、出血が改善しないようなら、むしろ歯を抜くことが体の為には得策かもしれません。

歯茎の病巣からは、血液中にたくさんの細菌や毒素、あるいは炎症に伴って作られる様々な有害物質が流れ込みます。

これは、体調の不良や病気を起こす原因にもなります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.