2017/11/29

手術で歯周病を治す

 
歯周病治療で歯茎を切る目的

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 136

手術で歯周病を治す「歯茎にメスを入れる目的」

以前もこちら↓で

触れましたが、歯周病の治療で、外科的な処置(歯茎にメスを入れる処置)をすることがあります。

どうしてわざわざ歯周病の治療で大掛かりな手術をするの?という疑問もあると思いますので、メスを入れる目的をご説明します!

主に以下3つの目的です。

まず一つは、手探りでは綺麗にできない、深いポケット内部の沈着物を確実に取るためです。

直接目で確かめながら歯根についた沈着物をキレイに取り除きます。

この場合は、メスで歯肉を開きますが、歯肉を切り取るわけではありません。

奥を見やすく、操作しやすくするためです。

二つ目は、歯周炎の結果、破壊された骨や歯肉の形を改善する場合です。

歯茎の一部が局所的にひどくなっている場合には、効果的な方法です。

歯周病治療で歯茎を切る目的

三つ目は、再発予防として歯茎の性質や形を改善したり、あるいは見かけを改善する場合です。

ブラッシングしやすい自然な形に回復したり、むき出しになった歯根をカバーする事が目的です。

また、ひどい歯周病によって、失った歯を補ったり、乱れてしまったかみ合わせを回復するために、この三つを兼ねた外科的処置が行われてることもあります。

しかし、軽度の歯周炎では、一般的には外科的処置を必要としません。

また、どんなに重い歯周病でも、手術を行う前にまずブラッシングなどの基本的なプラークコントロールによって歯肉の炎症を改善することが必要です。

外科的処置を成功させるためにも、基本的なプラークコントロールがもっとも重要な役割を果たします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.