2017/11/29

歯を固定すれば、歯周病は治る?

 
歯周病は固定しても治らない

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 140

歯を固定すれば、歯周病は治る?

歯がゆれなくなれば、歯周病は治るんじゃないの?

ハテナ君

30年前の歯周病の治療法って知っていますか?

「腫れた歯茎を切り取り、揺れ動く歯に連続したクラウンを被せて固定する」という方法です。

確かに、この方法で一時的に症状が改善します。

しかし、歯周病の原因をそのままにしておけば、すぐに再発してしまいます。

これは虫歯の穴を削って被せるだけの治療が、かえって歯をだめにしてしまうのと同じ理屈です。

歯周病は固定しても治らない

現在でも、歯が揺れ動くのを改善するために、歯と歯を連結することは、有用な処置です。

歯周病が進行して、歯を支える組織がわずかになると、少し噛みしめただけでは歯がグラグラ動くようになります。

そのままでは食べ物を噛みにくく不安ですし、残っている歯を支える組織にも有害です。

このような歯は、何本かまとめて連結すると動きがおさまり、歯が動いたり、食べ物を噛めないという状態は改善しますが、だからといって歯周病が治ったわけではありません。

揺れ動かなくなって、治ったのだと思ったら大間違いで、もっと悪くなってから慌てることになります!

歯周病はあくまでも、細菌の集団が起こす病気です。

歯の動揺は、病気の結果、歯を支える組織が崩壊して生じた出来事にすぎないのです。

深い歯周ポケットが残っていたり、そこの歯周病菌がいるとしたら、病気はいっそう悪くなってしまいます。

歯周病を本当に治そうと思ったら、原因を改善することが必要です。

十分なプラークコントロールを無しに歯を固定しても、歯周病はかえって悪くなるなってしまうのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.