2017/11/29

歯磨きだけで大丈夫?

 
ブラッシングで出来る事出来ない事

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 118

歯磨きをしていたら安心?

歯磨きだけきちんとしておけば歯周病は治る?

患者様自身の適切なブラッシングによって、歯茎の炎症は驚くほど改善します。

たとえブヨブヨに腫れた歯茎でも、やわらかい歯ブラシで丁寧にプラークを除去すれば引き締まり、膿や血は出なくなります。

噛むたびに揺れ動いていた歯さえ、しっかり動かなくなることがあります!

どんなに最新の歯周病治療でも、患者様自身の適切なブラッシング抜きに成果を上げる事はできません。

たとえ、外科的処置(次の次の回で述べますね)を行ったとしても、処置の結果を決定的に左右するのはブラッシングというセルフケアなのです。

ブラッシングで出来る事出来ない事

しかし、深い歯周ポケットがある場合、歯肉の外見が変わっても歯周ポケットのなかまではなかなかよくならないのが普通です。

歯茎に隠れた歯根のセメント質表面には、歯の組織と一体になった頑固な歯石や、最近が分泌した毒素が沈着し、細菌の集団が強固なバイオフィルムを作っています。

このため、かなり進行した歯周病では、ブラッシングで歯肉が綺麗になったにも関わらず、急に痛みが出たり、腫れたりすることがあります。

この歯茎に隠れた歯根をきれいにするには、小さな刃物を挿入して、歯の根に沈着している歯石を除去する必要があります。

また、歯周ポケットが深い場合には歯茎にメスを入れ、歯根を露出させてから清掃することもあります。

ブラッシングは絶対に必要ですが、それだけで完治させることはできないのです。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.