2017/11/28

歯周病治療の役割分担

 
歯周病のケア

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 114

歯周病治療の役割分担

歯周病治療にもいろんな方法と役割があります

歯周病治療の基本…プラークコントロールは患者様自身が家庭で行うものと専門家によるものと2通りの方法があり、どちらが欠けてもうまくいきません。

歯茎から上の、目に見える部分のプラークコントロールは歯ブラシやデンタルフロスなどの道具を使って患者様自身が日常的に行います。

歯周病のケア

しかし、歯茎に隠れた目に見えない部分に不快歯周ポケットがある場合、目に見える部分の清掃だけで歯肉を改善するにはとても時間がかかる上、治療しているにもかかわらず悪化してしまうこともあります。

そこで、患者様自身の清掃を援助するために歯科衛生士が目に見える歯石を除去したり、特殊な器具を使って歯面を清掃(PMTC)します。

これは、家庭での手入れをしやすくするために行うものです。

さらに歯根についた歯石を取り(スケーリング)、汚れた歯根の表面を滑らかにしたり(ルートプレーニング)、ポケットの中のプラークを掻き出したりします。

時には薬によるプラークコントロールも行われます。このような処置によって、歯茎は引き締まり、歯周ポケットは浅くなります。
さらにひどくなると、外科処置や最新の再生療法などを併用することもありますが、あくまでも、プラークコントロールが基本で、患者様自身とプロが力を合わせて、初めて改善していくということを覚えておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.