2017/11/24

骨の溶け方を調べるX線診査

 
歯の骨の溶け具合を調べるエックス線

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 114

骨の溶け方を調べる、X線診査

X線検査でなにがわかる?

歯周病は、炎症によって歯に付着しているコラーゲン繊維とともに、歯の周りの骨【歯槽骨】が溶けてなくなる病気です。

この組織破壊の様子を調べる検査がX線写真です。

歯周病の診査のために用いるX線写真は、口の中に3mm角の小さなフィルムを入れ、およそ10回に分けて口内全体を撮影します。

歯の骨の溶け具合を調べるエックス線
X線というと被ばくが心配ですが、最近では被ばく量の少ないデジタルエックス線が増えており、当院のレントゲンはすべて最新のもので、被ばくが殆どありません。

さらに、鉛のエプロンを使い、危険は全くといっていいほどない状態で診査します。

多くの診療所は大きなパノラマエックス線というお口の中を全体を一気に撮影するレントゲンも持っていますが、これも最近はデジタルのものが増えて来ており、当院はもちろん、最新のデジタルパノラマX線を使用しています。

しかし、これはあごの全体の状態を把握することに優れ、細かな1歯ずつの情報は目で見えない範囲では分かりにくいものです。

ですから、やはり小さなフィルムを使った撮影も併用する必要があります。

歯周病の診査の為には、骨の状態、特に歯と歯の間に見える骨の高さと密度を観察します。

歯に対して真横からX線を照射していると、骨の頂上がみえるはずですが、もし頂上が不明瞭に見えるならば、骨が溶け始めている兆候です。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.