2017/11/30

歯垢(プラーク)の付きやすいところ

 
歯垢(プラーク)の付きやすいところ

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 140

歯垢(プラーク)の付きやすいところ

いま、

歯磨きをしていますか?

ハテナ君

と尋ねると、していないという人はほとんどいないと思います。

しかし、うまくできているかは疑問です。

まず、その前に歯磨きの全ての目的を知っている人はどの程度いるでしょうか?

そして、効果的に出来ている人は?…かなり少ないかもしれません。

歯垢(プラーク)の的確な除去
細菌のたまりやすい場所はどこか
歯ぐきもマッサージ
これらのことを念頭に、歯磨きをして下さい。

虫歯や歯周病の原因となる歯垢は、つきやすいところが決まっています。

その部位へ歯ブラシを的確に当てないと、たんなる自己満足だけでよい結果は得られません。

折角やるならば、できるだけ合理的にするのが一番です。

歯垢(プラーク)の付きやすいところ

 

歯周ポケットを浅くされるために、歯肉に刺激を送り、腫れを抑えるのが、ブラッシングです。

最初は出血していても徐々に歯肉の腫れが収まるにつれ出血も減っていきます。そして嫌な口腔のネバネバ感や臭いも減っていきます。

 

★歯ぐきマッサージの目的★
深くなった歯周ポケットは細菌(空気の無いところが好き)が生活しやすいので、ブラッシングによりポケットを浅くして、空気が入りやすい環境を作ります。

新浦安ブライト歯科でも、メンテナンスの際にお教えしていますので、お気軽にご相談くださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.