2017/11/24

虫歯のCOとは

 
虫歯の進行度合い

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 147

虫歯のCO(シーオー)って何?

COとは、むし歯の進行度を分類した基準の一つです。

「シーオー」と呼び、「シーゼロ」ではないので注意が必要です。

虫歯の段階
CO :歯質の不透明感や白斑、色素沈着は認められますが、齲窩 (むし歯の穴)は確認できない状態です。
C1:エナメル質に限局して進行したむし歯。歯の表面の工ナメル質にだけ穴があいた状態で痛みは感じません。放置すると進行する場合が多く、削って詰める治療か必要です。むし歯のある部位によっては対策次第COに戻る可能性があります。
C2 :エナメル質の下にある象牙質に達したむし歯。まだ神経に達していないので、強い痛みはありませんが、冷たいもの、甘いものなどでしみます。削って詰めることでほぼ回復します。
C3:歯が崩壊してむし歯が神経に達し、炎症を起こした状態。激痛を伴うことか多くなります。麻酔をして、歯を大きく深く削り、神経を取り除きます。処置後は痛みはなくなりますか、最終的には金属冠をかぶせて形を回復させます。
C4:歯がほとんどなく、神経か死んでしまった状態。痛みはありませんが、うまく噛めないことや隣の歯が動き出し、歯並びが崩れてきます。

虫歯の進行度合い

COとC1は、患者さんによるブラッシングや、フッ素の活用などのコントロールによって、再石灰化も期待できます。

虫歯には、その進行度合いにより、段階があり、処置内容も、その処置にかかる時間も全然違うのです。

なるべく、まだギリギリセーフのCOで、歯を治したいですよね!

でも、このCOは、一般的に目で見てすぐに判断できるものではありません。痛みもないですし、虫歯の穴もないからです。

ですから、歯をまだ削らなくてもいい、黄色信号のCOの段階で、早期発見をして予防をすることが大事なのです!

そのためには、やはり3か月ごとの定期検診が必須になります。

そのたびに、精査して、しっかりとご説明しながら、皆さまの歯を守りますので、一緒に頑張りましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2017 All Rights Reserved.