2017/11/23

一度で多くの処置

 
歯科医院での一回の治療の数

この記事を書いている人 - WRITER -

新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。
「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください!
リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★
今後もチェックしてみて下さいね!

この記事の所要時間: 218

何度も通えないので一度に多くの処置をしてほしい!

治療期間の短縮を希望されることは理解しますが、なかな お応えできないのか現状です。

たとえば、歯の神経(歯髄)を取って、冠をかぶせるという処置の場合、最後の冠を入れる頃は目に見えやすいので処置の進行がわかりやすいと思います。

しかし、見えない治療にこそ、時間と手間がかかります。土台をしっかりとしておかなければ、せっかくの銀歯や高価な白い冠が長持ちしません。

最低でも1本の歯の治療でも、歯の中の神経が入っている管の数だけ回数がかかると思ってください。

また、処置そのものは治すために行っているのですが、人の身体にはリアクション(生体反応)があります。

 

 

歯の根の治療などは処置後2〜3日間は嚙んだ痛みや違和感が出ることがあります。

それは軽い炎症が起きて、身体が修復していることを意 味しています。

数本まとめて治療を行ってしまうと、数箇所でリアクションが起きてしまい、かえってつらい思いをすることになります。

 

<理由があるのです>

神経を取る治療の場合、最低でも歯(歯根)の本数だけ処置の回数がかかります。

数本まとめて行うと良くないリアクションが起きる可能性があるので、とても重要な処置で、慎重に行う必要があるのです。

同じ処置を無駄に何度も通って行っているように思われますが、後々のためにとても重要な処置なので、根気よく最後まで通い頑張って治しましょう!

ブライト君

歯科医院での一回の治療の数

逆に、痛みがなくなったからと言って途中で自己判断で通院をやめてしまうと最も恐ろしい結果につながることが多いのです。

一番デリケートな、虫歯菌に攻撃されやすい状態のまま放置することになり、治療前よりも悪化し、最悪の場合抜歯せざるを得ないことになります。

できるかぎり、我々も患者様のお気持ちやご希望に沿うように努力しますので、一緒に最後まで頑張りましょう。

ブライト君

 

この記事を書いている人 - WRITER -

新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。
「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください!
リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★
今後もチェックしてみて下さいね!

 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2016 All Rights Reserved.