2017/11/12

フッ素で虫歯予防

 
フッ素で歯質強化

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 32

フッ素で虫歯予防ができるって本当?

 

フッ素の虫歯予防効果については、世界保健機関(WHO)などの専門機関がその有効性と安全性を確認して、実施を推奨しています。

日本ではまだ広まっていない面もありますが、アメリカを筆頭に欧米で歯虫歯予防の主流になっています。

アヤ先生

フッ素で歯質強化

細菌の研究によって、フッ素には次の3つの働きによる虫歯予防効果があることが確認されています
①酸に対する抵抗力の強い丈夫な歯を作る

②細菌に作用して虫歯の原因の酸を作るのを抑える

③虫歯になりかけた歯の表面を元に戻す

特に、乳歯の生え始めから永久歯が生え揃うまでの子供は、フッ素で効果的に虫歯予防が出来ます!

ブライト君

歯が形成される時期にフッ素が作用すると、フッ素がエナメル質と結びついて歯を丈夫にし、酸にとけにくい抵抗力のある歯質を作ります。

また、歯が生えてくると、フッ素は細菌に作用して、虫歯の原因になる酸が作られるのを抑えます。

そして、こうしたフッ素の働きによって、溶けてしまって虫歯になりかけた歯の表面を修復するという仕組みがあることもわかってきています。

さらに専門的にお話ししましょう。

アヤ先生

虫歯になるのは、ミュータンス菌などの虫歯菌が糖分をとって口の中で大量の酸をつくり、この酸が歯のエナメル質やセメント質などのカルシウムを溶かしてしまうからです。

私たちの口の中は食事のたびに酸性になりますが、食事を終えてしばらくすると、中性に戻ります。

これは唾液中のカルシウムが歯に沈着して、溶けだした歯の結晶を補う「再石灰化」という自然の修復作用がおきるからです。

この再石灰化作用を虫歯予防に活かそうというのが、予防歯科です。フッ素には唾液中のカルシウムが歯に付着するのをサポートする力があり、初期虫歯(虫歯で歯に穴があく一歩手前の状態)を修復する再石灰化作用があるのです!

もちろん、子供だけでなく、大人にも、フッ素入り歯磨き剤やフッ素ジェル、フッ素うがい薬などを使えば虫歯予防に効果的です。
過剰な摂取だと有害だと言われますが、虫歯予防に最適な濃度というのも決まっており、それを守れば極めて安全です。

ちなみに、市販の歯磨き剤にはフッ素濃度の低い物が多いのですが、当院で販売している歯みがき剤は濃度も濃く、効果のある最適な物が置いてあります!
是非、虫歯予防のために、「フッ素塗布」はじめてみましょう!

ブライト君

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2016 All Rights Reserved.