2017/11/12

歯の根の病気

 
根の先にウミが溜まった状態

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
この記事の所要時間: 229

歯の根の病気って?

<目に見えない場所の心配>

歯の根ってどこ?どうして歯の根を治療するのだろう?歯科医院に行って治療内容を伝えられてそう思う人もいると思います。そこで、今回は、目に見えない歯の根の紹介とその治療についてご紹介します。

図の中の、「歯槽骨」と言われる骨に埋まった「両足」の部分が歯の根です。
虫歯、あるいは打撲などで表面のエナメル質や象牙質が侵され、内部の歯髄といわれる神経が露出した状態になると、ズキンズキンと脈打つ様な痛みが起こります。
根の中に伸びた歯髄(神経)を根管といいます。その根管のなかに細菌感染が起こった時に行う治療が根管治療です。これが歯の根の治療です。

根管治療の流れ

①被せ物をはずす
根の先にウミが溜まった状態根の先にウミが溜まった状態
②古い薬を取り除いて消毒薬を入れる
リーマーといわれる細い器具リーマーといわれる細い器具で先端までお掃除
③状態が良くなったら薬で封鎖する
ガッタパーチャガッタパーチャという薬を入れて再感染を防ぎます
④土台を入れて補強する
強い咬合力に負けないための土台

被せる前に、強い咬合力に負けないために土台を入れます

③型取りをして、できた被せ物を調整する
被せ物の調整被せ物をかみ合わせなどにより調整します
④やっと完成!

歯の被せ物被せ物を付けてやっと完成です

 

根管治療の過程で比較的よく行われるのが「神経を抜く」治療です。

皆さんの中にも、そういう治療を受けた事がある人もいらっしゃるでしょう。

神経を抜くというと、細かい糸のようなものをスーっと引き抜く様子を想像されるかもしれませんが、複雑に張り巡らされている歯髄(神経)を全部取り去る作業です。

非常に困難で大変な作業なので、通常、②の過程の根の中のお掃除の作業だけでも一回では終わらない事も多いのです。

そこで、「いつまで同じ治療のために通うの?」「いつ治療が終わるの?」と不安や不信感を持たれるかもしれません。

しかし、この過程が最も大切なのです。

この過程を適当にしてしまうと、再感染しやすくなってしまいます。

この期間は根気を持って、頑張って治療に通いましょう!
そして、もう二度と再感染しない様に、ケアも大切です。

ブライト君

この記事を書いている人 - WRITER -
新浦安ブライト歯科・歯科医師のDr.Ayaです。歯の豆知識ブログは、私が定期的に更新していきます。 「歯に関するこんな情報を書いてほしい」「お口に関して、こんな事が疑問」というご意見やご感想がありましたら、是非、遠慮なく当院にお伝えください! リクエストにお応えして、どんどん増やしていきます★ 今後もチェックしてみて下さいね!
 

Copyright© 新浦安の歯医者|歯科の豆知識 , 2016 All Rights Reserved.