Dr.千葉のブログ

むし歯ってどうやって治すんですか?

投稿日:2017-11-19 更新日:

The following two tabs change content below.
千葉健太郎
患者様が気軽に悩みを話して下さり、それを解決し笑顔で帰って頂けるような、気さくな関係性の構築を目指しています。

こんにちは、歯科医師の千葉です。

この質問、聞かれることが度々あります。

行う前に説明を行い処置をはじめるのですが、イメージしづらい点もあるかと思います。

そこで、今日は、むし歯の治療法を場合に分けて説明していきたいと思います。

 

むし歯の治し方

【小さい場合】

コンポジットレジンと呼ばれる樹脂の材料でむし歯を取ったあとの穴を埋めます。よく青い光で固めているアレです。

 

【隣の歯の方まである場合】

前歯はコンポジットレジン、奥歯もコンポジットレジンで行う場合もありますが、むし歯の大きさ、予後を考慮し、型を取る場合が多いです。

 

【神経まで及ぶ場合】

①神経をとって何度か消毒を行い、症状がなくなったならば、神経のあった場所に最終的な薬(材料)を詰めます

②健全歯質をできるだけ残し、失った歯質を材料で埋めます。

型をとって土台をいれたり、直接土台を作りあげたりします。

 

③かぶせものの型をとり装着します。

削る方法、使う材料などによりバリエーションはありますが、これが基本的な治療の流れとなります。

今後、治療をうける時にこのイメージがあると説明をうけたときに、より分かりやすく感じるかもしれませんね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
千葉健太郎
患者様が気軽に悩みを話して下さり、それを解決し笑顔で帰って頂けるような、気さくな関係性の構築を目指しています。
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.千葉のブログ
-, , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.