Dr.時村のブログ

歯を失ったその先に、、、

投稿日:

The following two tabs change content below.
私は歯科医師になってから口腔外科に勤務していました。その中で歯を失ってから歯の大切さに気が付く患者さまを多く見かけました。 手遅れになってしまう前に、日頃から歯医者に気軽に来ていただきたいと思っています。麻酔が怖い、削る音が怖いなど、不安なことがありましたら何でもご相談ください。

最新記事 by 時村 真理 (全て見る)

こんにちは!歯科医師の時村です⏰

最近暖かくなって過ごしやすくなってきましたね☀️

春までもう少し!🌸

今日は皆様からのご質問が特に多い項目である、抜歯後の治療についてお話ししてみたいと思います。

残念ながら抜歯になってしまったあと、なくなってしまった部分はどうすれば良いのでしょうか。

代表的なやり方としては、

•入れ歯

•ブリッジ

•インプラント

という三つの方法があります。

一体どれを選んだら良いの!?

そんな悩みをお持ちの方、多いと思います。

そもそも抜歯後ほっといたらダメ?

自分の歯は誰しも失いたくないものです。

このブログをご覧になっている皆様は特にその思いが強いことでしょう。

でもどうしても抜歯になってしまった。

なくなってしまった歯を放置してしまうと、、

•歯並びが悪くなる

•噛みづらくなってしまう

などの様々な良くない影響が起こります。

なくなってしまった歯は、必ず補ってあげましょうね。

補綴方法

歯を作る治療のことを専門用語で、「補綴(ほてつ)」と言います。

歯がなくなってしまったところに歯を作る治療、すなわち補綴治療の代表的な3種類について説明していきます。

☝️入れ歯☝️

😃取り外して洗えるので清潔

😃支えとなる歯を削る量が少ない

😱噛む力が天然歯の20%程になる

😱見た目が悪い

😱発音に影響する

✌️ブリッジ✌️

😃違和感が少ない、見た目も比較的良い

😃入れ歯と比べると噛む力が強い

😱それでも噛む力は天然歯の40%程度

😱支えとする隣の歯をかなり削らなければならない

🤘インプラント🤘

😃違和感なし、見た目も良い

😃噛む力は天然歯の60%はある

😃隣の歯の支えが要らないので他の歯を傷つけなくて良い

😱手術が必要で治療期間が長い、メインテナンスが必須

😱喫煙をされている方など、適応とならない人がいる

😱自費診療のため高額

色々あるけど

いままで説明したように、それぞれメリット、デメリットがあります。

噛む力を重視した場合インプラントがベストですが、それでも天然歯にはかないません。

天然歯を健全に保つことは、無料でリスクなく最強の噛む力を持つことにつながります。

何にも変え難い自分の歯を守るために、定期的に歯医者さんに通ってメンテナンスは欠かさないようにしましょう!(もちろん日々の歯みがきが一番大事⭐️)

まとめ

いかがでしたか?

まとめ➀

歯を失ってしまったら、必ず補いましょう!

まとめ➁

色々な治療法がありますが、ご自分の歯が一番!

ではまたお会いしましょう⏰

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
私は歯科医師になってから口腔外科に勤務していました。その中で歯を失ってから歯の大切さに気が付く患者さまを多く見かけました。 手遅れになってしまう前に、日頃から歯医者に気軽に来ていただきたいと思っています。麻酔が怖い、削る音が怖いなど、不安なことがありましたら何でもご相談ください。

最新記事 by 時村 真理 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.時村のブログ
-, , , , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2022 All Rights Reserved.