Dr.斎藤のブログ

入れ歯の未来

投稿日:

The following two tabs change content below.
斎藤 弘人
私は大学院で痛みの研究をし続けてきました。 悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くなくても歯医者に気軽に来て頂けるようになればと思っています。歯科医師として、患者さまができるだけ長い間、自分の歯で噛むことが出来る手助けが出来れば幸いです。
斎藤 弘人

最新記事 by 斎藤 弘人 (全て見る)

こんにちは歯科医師の齋藤です。

今回はコンピューターで作る入れ歯の話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンピューターで作る入れ歯って?

現在歯科界ではCAD/CAMというコンピューター上で被せ物などをデザインし制作する技術が日々発展しています。

被せ物においてはすでに歯のかたどりした模型をコンピューター上に読み込み、被せ物をデザインして、そのデータをもとにセラミックの塊を削り出して被せ物を作成する方法は一般的になっています。

入れ歯においては海外ではいくつかのシステムが実際に臨床応用されていますが、日本ではまだ研究段階であるのが現状です。

しかし日本においてもCAD/CAMの入れ歯に使える材料で国に承認されたものが出てきているため今後CAD/CAMによる入れ歯の普及が加速していくと思われます。

歯科の世界もますますデジタルになっていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

どう変わるの?

入れ歯の作成方法がデジタルになることでどう変わるのでしょうか。

かたどり

まず口の中のかたどりが口腔内スキャナーという機械で写真を撮るように読み込む方法になります。

それにより患者さんは口の中にかたどりの材料を入れて苦しい思いをしなくてもよくなります。

さらにかたどりしたものがデータとして保存されるのでどこにいてもそのデータを使って入れ歯のデザインをできたり、いままでのデータを蓄積することで最適な入れ歯の形を自動的にデザインできたりするようになるかもしれません。

しかし入れ歯のかたどりは粘膜という柔らかい部分のかたどりになるので口腔内スキャナーに完全に移行するのはまだまだ課題が多い現状です。

作成方法

コンピューター上でデザインした入れ歯をミリングという削り出しの方法、もしくは3Dプリンターを用いて作成するようになります。

削り出しや3Dプリンターによる作成に変わることでいままでより使える材料の自由度が増し、入れ歯の強度の増加やより粘膜に馴染む素材を使うことができるようになる可能性があります。

また材料自体に抗菌作用をもたせたり、色の積層ができるようになることでよりリアルな入れ歯の作成ができる可能性もあります。

さらに一回入れ歯の作成してもデータは残るので入れ歯をなくした時の複製が容易になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ実際に臨床応用されるには課題も多いですが技術の研究は日進月歩で進んでおり、入れ歯もデジタル化することでより良いものを患者さんに提供できるようになると期待しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
斎藤 弘人
私は大学院で痛みの研究をし続けてきました。 悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くなくても歯医者に気軽に来て頂けるようになればと思っています。歯科医師として、患者さまができるだけ長い間、自分の歯で噛むことが出来る手助けが出来れば幸いです。
斎藤 弘人

最新記事 by 斎藤 弘人 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.斎藤のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.