TC.大久保のブログ

ひみこのはがいーぜ!

投稿日:

The following two tabs change content below.
大久保 光華

大久保 光華

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
幼稚園教諭一種免許、保育士の資格を保有しております。患者様一人一人、小さなお子様にも安心して来院して頂けるようにより確実な知識を持って発信していきます。宜しくお願い致します。
大久保 光華

最新記事 by 大久保 光華 (全て見る)

こんにちは!

トリートメントコーディネーターの大久保です。

朝晩はだいぶ過ごしやすい気温になってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、このタイトル。

なんのことだかご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

これは……

噛むメリットの合言葉です!

咀嚼回数について

人が食事の時に噛む回数を咀嚼回数と言います。

歴史

咀嚼回数は時代が進むにつれて変化しています。

現代では、食の欧米化も進み、1回の食事での咀嚼回数は600回程度と言われています。

ところが、時は遡り、邪馬台国の女王、卑弥呼が生きた弥生時代。

1回の食事での咀嚼回数は、なんと、約4000回弱!

現代の食事の6倍もあったそうです。

問題点

近年、人間の咀嚼回数の低下による健康問題が出てきています。

例えば、よく噛まず、大きなまま食べ物を飲み込むことで胃に負担がかかり、消化不良になります。

また、よく噛まないことが早食いに繋がり、満腹を感じるまでの時間に食べすぎてしまう過食になります。

『ひみこのはがいーぜ』とは

よく噛むことでの効用の頭文字を、咀嚼回数の多かった弥生時代の卑弥呼にかけて、日本咀嚼学会が標語にしたものになります。

8020推進財団 によるこのようなポスターもあります。

では、詳しい内容を見ていきましょう。

『ひみこのはがいーぜ』

『ひ』肥満予防

よく噛んで食べると、脳にある満腹中枢が働いて、食べ過ぎを防げます。

『み』味覚の発達

噛んで味わうことにより、食べ物の味がよくわかるようになります。

『こ』言葉の発音がはっきり

口周りの筋肉を使うため、表情が豊かになります。口をしっかり開けて話せば、発音も綺麗になります。

『の』脳の発達

よく噛む動きは脳細胞の働きを活発にし、子どもの知育を助けたり、認知症予防に役立ったりします。

『は』歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て口の中を綺麗にしてくれます。この唾液が、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

『が』がん予防

唾液中の酵素には、発がん性物質の作用を消す働きがあります。

『い』胃腸の動きを促進

よく噛むことで消化酵素がたくさん出て、食べたものの消化を助けてくれます。

『ぜ』全身の体力向上

歯を食いしばって力を入れるような場面で、しっかりと歯を噛み締めることができます。

最後に

噛むことで得られる効果がたくさんあることを知ることができたと思います。

ご自身や大切な人の為、よく噛むことを意識して更に健康な体を目指しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
大久保 光華

大久保 光華

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
幼稚園教諭一種免許、保育士の資格を保有しております。患者様一人一人、小さなお子様にも安心して来院して頂けるようにより確実な知識を持って発信していきます。宜しくお願い致します。
大久保 光華

最新記事 by 大久保 光華 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.大久保のブログ
-, , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.