TC.篠田のブログ

歯石の正体って!? 〜歯石がつかない歯になろう〜

投稿日:2020-06-25 更新日:

The following two tabs change content below.
篠田 愛実

篠田 愛実

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
1人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!

こんにちは!

トリートメントコーディネーターの篠田です😊

「歯石をとりたい」

歯科医院に来院される方のおよそ5割がご希望されます。

 

歯石ってなんとなく

「悪い物」取らなくてはいけない物

というのは分かっているけど

「どんなものなのか、なんで出来てしまうのかはよく分からない」

という方が多いです。

 

今日はそんな歯石ついてのお話です。

このブログを読んで歯石がつかない歯を目指していただければ嬉しいです♩

 

歯石は悪者じゃない!?

 

歯石自体は悪さをしません!

 

「えっじゃあ取らなくてよくないですか?」

 

実は歯石構造に問題があるのです。

歯石唾液中のカルシウムなどが歯垢(プラーク)に沈着して石のようにこびりついたものをいいます。

たくさん穴があいており、ざらざらしているので

細菌が住みつき、歯周病、虫歯、口臭のリスクが高まります。

 

つまり、歯石が悪いというよりは

虫歯菌や歯周病菌に対して足場を与えてしまうことが歯石のよくないところなんです。

 

 

歯石は自分では取れない

 

まず、硬くこびりついている歯石歯ブラシでは絶対にとれません!

最近は自分で歯石をとるような器具も販売されていますが、あやまって歯を傷つけてしまったりするとその傷にまた汚れがつきやすくなってしまいます。

歯石は歯科医院で専門のスタッフが専門器具を使って除去することをお勧めします

 

 

 

「では、歯石が出来たら毎回歯科医院で取ってもらわなくてはならないの?

そんなことありません!

歯石をつかなくすればいいのです!

 

歯石を防ぐのは意外と簡単!

 

歯石をつかなくするというのは大変そうに思われますが

歯石のことを知っていれば意外と簡単です!

 

攻略にはまず敵を知ることがポイント!

 

歯石は歯垢(プラーク)が2、3日で石灰化してできる

 

個人差はありますが、細菌の塊である歯垢(プラーク)が2、3日放置されると歯石になっていきます。

歯石は大人がつくイメージがあるかもしれませんが赤ちゃんでも歯垢(プラーク)が残っていると歯石はできます。

反対に大人でもきちんと磨けていれば歯石はつきません。

 

つまり、歯石がつかなくするには歯石になる前に除去】が大切!

極論、2日に1回は念入りな歯磨きを行えばいいのです!

 

さーっと磨きを1日3回やるよりも

しっかり正しい歯磨きを1日に1回だけでもやることのほうが効果が高いのです!

 

特に寝ている間は唾液の分泌が減って細菌が増殖しやすいので、夜の歯磨きを念入りに行うことをオススメします!

毎回頑張って歯磨きしなきゃ…と思うと大変ですが

【1日1回、夜だけしっかり歯磨きすればOK🙆‍♀️】 と思うとなんだか出来そうな気がしませんか?

 

 

歯石がつきやすい場所を知る

 

歯石がつきやすい場所は決まっています。

歯石は唾液のカルシウムイオンやリン酸イオンと反応してできるので

唾液の出口がある「上顎の奥歯の外側」、「下顎の前歯の内側」につきやすいです。

 

 

また、歯と歯の隙間は歯ブラシの毛先が届かず汚れが落ちにくいので歯石も出来やすいです!

しっかりとフロスや歯間ブラシでケアしましょう!

 

 

 

 

 

定期検診では普段の歯磨きをチェックしてもらう

 

よし、じゃあ今日から1日1回はしっかり歯磨きしよう!

と頑張っても初めから100%上手に歯磨きできる人はいません。

 

まずは歯石を全部とってもらう

歯磨きを頑張る

定期検診で自分が取りきれなかったところをお掃除してもらう

残ってたところを次回の定期検診までに意識的に磨くようにする

 

というように、歯医者さんでチェックをしてもらいながら歯磨きのスキルをアップしていきましょう!

 

歯石ずっと放置していると歯茎の下の方まで出来てしまいます。

これは歯肉縁下歯石と呼ばれ、血液成分等も取り込みながら作られるので黒っぽい色をしています。

 

 

縁下歯石はとても固く除去しにくい上に、取るときに歯茎の下まで器具を入れなくてはならないため

痛みを感じてしまったり、麻酔をして取らなければならないことがあります

また、縁下歯石は特に歯周病菌が住みつきやすく

増殖して毒素をだし、歯茎が腫れたり骨を溶かして歯がぐらぐらしてしまう!なんて恐ろしいことにもなります。

歯石はなるべく出来てしまったら早めに除去することが大切ですね!

 

 

ちなみに‥歯石ができやすい人もいる!

 

毎日歯磨きを頑張っているのにすぐに歯石がついてしまう! なんて方もいらっしゃいます。

 

唾液がアルカリ性に近いと、ミネラル成分が多く歯垢(プラーク)が再石灰化しやすくなります。

つまり、歯石になりやすいのです。

その方は酸で溶けてしまった歯をアルカリ性の唾液によって修復できるため虫歯にはなりにくいとも言われています。

 

反対に唾液が酸性に近い方歯石になりにくいですが虫歯には注意した方がよさそうですね。

 

皆さんはどちらのタイプでしょうか??

 

歯石になりやすいという方も歯医者さんと二人三脚で一緒に頑張ってケアをすることが大切ですね!

ぜひ、歯石のことを知って歯科医院で褒められる健康的な口腔環境を作っていきましょう♩

 

 

(参考:LION HP ‘Lidea ’ より)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
篠田 愛実

篠田 愛実

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
1人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.篠田のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.