TC.大久保のブログ

詰め物・被せ物って?

投稿日:

The following two tabs change content below.
大久保 光華

大久保 光華

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
幼稚園教諭一種免許、保育士の資格を保有しております。患者様一人一人、小さなお子様にも安心して来院して頂けるようにより確実な知識を持って発信していきます。宜しくお願い致します。
大久保 光華

最新記事 by 大久保 光華 (全て見る)

こんにちは!

トリートメントコーディネーターの大久保です。

早速私的な話になりますが…… 本日誕生日を迎えました!

誕生日当日にブログ更新だなんて……!ということで、本日お誕生日の方、同じですね!おめでとうございます!

そして、本日お誕生日ではない方、お誕生日じゃない日、おめでとうございます!

こんなご時世で気持ちが暗くなりがちですが、毎日明るくハッピーに過ごしていきたいですね♪

はじめに

自分は今まで20年弱、歯科医院には何度も何度もお世話になってきました。

小学生の頃から治療で通っていたような記憶があるのですが、正直毎回どんな治療をしているのかわかっていませんでした。

次回予約を取る時も、「また来てね」という形で、同じ歯の治療の続きなのか、他の歯で虫歯があるのかすらよくわからない状態でとりあえず通っていました(笑)

虫歯を削った後、白いのを詰めて1回で終わるところと、銀歯になるところとの違いもわからず……とにかくされるがままでした。

このような過ごし方をしてきた故、歯科に対する知識の乏しい自分は入社当初に『詰め物・被せ物』の説明をしていただいた際、正直、「何が違うの?」という気持ちがありました。

今回は、説明をされる際当たり前に使われる『詰め物・被せ物』とはそもそも何を示し、どのような場合にその治療になるのか、というお話をしたいと思います。

虫歯の治療

虫歯は「カリエス」と呼ばれ、進行度によりCO〜C4と分けられています。C0が一番軽く、悪化するにつれて数字が増えていきます。

1回で終わる詰め物

型取りは行わず、虫歯を含め必要最小限な歯質だけを削り取り、その後レジン(自家用プラスチック)で修復していく治療です。

小さい範囲の虫歯や、隣接面を含まない虫歯の場合に用いることが多いです。また、奥歯ほど力がかからない前歯の場合にも対応することが多いです。

削ったその日に詰められる為、1回で治療が終わる場合が多いです。

詰め物

『詰め物』とは以下のイメージ画のような一部分の詰め物のことを指します。

虫歯を含めやや広範囲に歯を削り、型取りを行い、技工操作で製作した詰め物を着ける治療です。

虫歯が大きい場合や隣接面を含む虫歯の場合に用いることが多いです。

流れとしては

①虫歯を削り、プラスチックで蓋をし、痛みが出ないか確認をする

②型取り

③詰め物を着ける

というように、通常3回かかります。

被せ物

『被せ物』とは以下のイメージ画のような完全に被せる形のものを指します。

詰め物と同様、最終的には型取りを行い、技工操作で製作した詰め物を着ける治療です。

歯の神経を抜く処置をした場合に用いることが多いです。

虫歯が神経まで達している場合、

①神経をとる(複数回かかります)

②薬をつめる

③土台を立てる

④型取り

⑤被せ物を着ける

という流れになり、5〜10回程度回数がかかります。

最後に

詰め物や被せ物の種類(材料)はいくつかあり、当院のHP に簡単に記載してあります。

また、当院のブログ にて以前Drが記事にしてくださってますのでよろしければご覧ください。

それでは、皆様体調を崩されませぬよう、何卒ご自愛ください。

ご覧頂きありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
大久保 光華

大久保 光華

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
幼稚園教諭一種免許、保育士の資格を保有しております。患者様一人一人、小さなお子様にも安心して来院して頂けるようにより確実な知識を持って発信していきます。宜しくお願い致します。
大久保 光華

最新記事 by 大久保 光華 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.大久保のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.