DH.早川のブログ

歯の妖精

投稿日:

The following two tabs change content below.
早川 倫央

早川 倫央

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
皆様がいつまでも自分の歯で美味しく食べられ、ニコニコと笑える様、お口の健康を通して心の幸せのお手伝いができる歯科衛生士を目指します。皆様の健康に貢献できるよう、日々学び、成長できるよう努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
早川 倫央

最新記事 by 早川 倫央 (全て見る)

こんにちは!

歯科衛生士の早川です。

寒さの中にも少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになりました!

定期検診でお会いするお子様から入学や進級を心待ちにしているというお話を聞いて、とても温かい気持ちになります♡

子供たちが新しい世界に羽ばたく季節!

保護者の方もお子様の成長を改めて感じる季節かと思います♡

乳歯が抜けるというのも子供の成長の証!

赤ちゃんの時に生えてきた可愛い歯、毎日仕上げ磨きをしてきた歯が抜けるというのは、保護者の方にとっても特別な感情があると思います。

では抜けた乳歯はどうするか...?

国や地域によって様々な習慣があるようです。

今回は欧米で伝わる歯の妖精•••Tooth Fairyの習慣をご紹介したいと思います!

日本では

歯を投げるのはなぜ

乳歯はおよそ5歳前後から徐々に抜けはじめ、永久歯へと生え変わっていきます。

日本では昔から「抜けた歯を投げる」という言い伝えや風習が広く浸透しています。

これには「健やかな歯が育ちますように」という願いが込められており、下の歯は上に向かい伸びてくるように、という意味を込め屋根の上へ。

上の歯は下に向かい伸びてくるようにと床下に投げたり埋めるなどしていました。

ネズミの歯は強い

地域によっては歯を投げる際、「ネズミの歯と替われー」「ネズミの歯のように丈夫にー」と願うところが多くあります。

ネズミの歯は次から次へと真っ直ぐ伸びる強い歯であるため、それにあやかって強く丈夫な歯になるよう願いを込めているのです。

日本では主にネズミやスズメのようにと願いますが、世界では小鳥やカラス、月、太陽、妖精など様々なものに願いを込めています。

パンに埋め込み動物に食べさせるなんて国もあるようです。

Tooth Fairy

Tooth Fairy(トゥースフェアリー) とは、欧米で言い伝えられている歯の妖精です。

抜けた乳歯を枕の下に置いておくと、子供が寝ている間にやって来て、歯をコイン(お金)に交換してくれると言われています!

まるで歯のサンタクロースですね!

歯が抜けるだけでも誇らしいことですが、さらにTooth Fairyがお金までくれるのですから、子供は大喜び!

歯が抜ける日を心待ちにしているわけです♡

もちろん、歯をお金に交換するのは保護者の方の役目です!

「Tooth Fairyは白くて綺麗な歯を集めているから、ちゃんと歯磨きしようね!」と子供の歯磨きを応援するのだそうです!

虫歯予防のための戒めにもなり良いですね♪

集めた歯は何に使うの?

もしかしたら子供からこんな純粋な質問を投げかけられるかもしれません。

いろいろな説があるようですが、「妖精の国のお城を作るため」。丈夫でピカピカの白い歯はお城にぴったりなんだそうです。

他には「妖精の国でお金として使う」、「ピカピカの白い歯でお城を明るく照らす」などなど。

夢いっぱいですね♡

気になる金額の相場

家庭によって様々あるようですが、1ドル紙幣(約100円)が30%。

5%の家庭では20ドル紙幣(約2000円)。

全体の平均としては約350円をあげているそうです。

お金の代わりに小さなおもちゃをあげる家庭もあるようです☆

どんなふうにお祝いするの?

乳歯を入れる入れ物を用意する

抜けた歯をそのまま枕の下に置くとなくなるかもしれないので、小さな箱やケースに入れます。

どんな入れ物でもいいですが、これから歯が抜けるたびに使うものなので可愛いものだと気分も上がりますね♪

乳歯が抜ける日はある日突然やってくるものなので、グラグラし始めたら準備しましょう!

子供に手紙を書かせる

Tooth Fairy宛にお手紙を書かせるのもおすすめだそうです!

歯が抜けた時の様子をTooth Fairyに伝えてあげるようにすすめてみて下さい♪

歯と一緒に保管しておくと、とても良い記念になりそうですね♡

子供が寝ている間に

子供がぐっすり眠ったら、こっそりお金に交換しましょう!

Tooth Fairyからのお返事として手紙も添えるとさらに喜んでくれそうですね!

回収した歯をこっそり保管

回収した歯は子供に見つからないように、大切に保管しましょう!

湿度が高い日本では、抗菌•防湿効果に優れた桐箱が最適だといわれています!

親にとってもありがたい

子供が喜ぶTooth Fairyの訪問ですが、親にとってもありがたいものなのです!

歯磨きを応援

Tooth Fairyはピカピカの綺麗な歯が大好き!

子供には「Tooth Fairyが来てくれるように、しっかり歯磨きしようね」と、日頃の歯磨きの習慣を後押しできます!

歯磨きしなさいと周りからうるさく言われるよりも、こんなふうに特別な存在があるだけで子供のやる気は一気に出るものですよね♪

歯を抜くのが怖くなくなる

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた場合、乳歯を抜いた方が良いこともあります。

歯を抜くことは大人でも怖いことですが、そんな時にも「Tooth Fairyが来てくれる」というマジックが、子供の背中を後押ししてくれるかもしれません♪

成長の証を保存できる

赤ちゃんの時から毎日見てきた乳歯を屋根に向かって投げてしまうのはもったいない気もします。

その点、Tooth Fairyに来てもらえば成長の証を残しておけます!

何より子供が純粋に喜んでくれることが嬉しいですよね♡

これからは日本でもTooth Fairy

屋根や床下に投げて丈夫な歯の生え変わりを願うのも、日本の良い伝統ではありますが、狭小住宅やマンションが多い最近の住宅事情では、歯を投げることが難しい場合もあります。

そう考えると、ハロウィンがすっかり定着したように、今後は日本でもTooth Fairyの習慣が広まっていくのでは...と思います♡

定期検診に来て下さったお子様から、「Tooth Fairyが来てくれるように、歯をピカピカにして下さい」なんて言われる日がくることを、楽しみにしていようと思います♡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
早川 倫央

早川 倫央

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
皆様がいつまでも自分の歯で美味しく食べられ、ニコニコと笑える様、お口の健康を通して心の幸せのお手伝いができる歯科衛生士を目指します。皆様の健康に貢献できるよう、日々学び、成長できるよう努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
早川 倫央

最新記事 by 早川 倫央 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.早川のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.