DH.徳丸のブログ

子どものむし歯は減って‥?

投稿日:

The following two tabs change content below.
徳丸 玲菜

徳丸 玲菜

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯、歯周病をより多くの方にも知って頂き、患者様一人一人にあったケアを提供できるよう日々努力していきたいと思っております。 お気軽に遊びにいらして下さい。よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

歯科衛生士の徳丸です。

令和元年が終わり2年に突入しましたね!!!

夏には東京オリンピックが開催される年になりました。

あっという間に日々が過ぎていく中、時間は有限にしかないことを感じる今日この頃です。

最近の子供は虫歯が減っているとよく聞きます。今回はそこに焦点を当ててみました。

子どものむし歯は毎年確実に減っています

お子さんの健やかな成長を見守るためには、乳幼児のころから歯の健康に気を配り、適切にケアすることがとても大切です。乳歯の健康を保つことは、乳歯のかわりに生えてくる永久歯や顎の発育にも大きく影響します。また、乳幼児期は生涯を通じて歯の健康を守るため、適切な歯みがきのしかたや食習慣など基本的なことを身につける時期でもあります。

厚生労働省の調査によると、むし歯をもつ3歳児の割合は平成5年の56.7%から平成29年は8.6%と、毎年着実に減少しています(表)う歯を持つ者の割合の年次推移 厚生労働省 H28年歯科疾患実態調査の概要より

このことは、保護者の皆さんが子育てでたいへんな時期にもかかわらず、お子さんの歯の健康に気を配ってこられた成果だと思います。今後さらにお子さんのむし歯を減らすため、大切なポイントをご紹介しましょう。

さらに子どものむし歯を減らすためには・・・・正しい歯みがきのしかたを身につけるとともに、間食のとりかたを工夫し、定期歯科検診を受けることが大切です。

POINT1 定期歯科検診時「フッ化物歯面塗布」

むし歯を予防するため、定期歯科検診時に歯の表面にフッ化物を塗布することです。

乳歯は生後半年ごろに生え始め、3歳には生えそろいます。生え始めて間もない乳歯はむし歯になりやすい反面、フッ化物が歯に取り込まれやすいという特徴があります。

また、永久歯は成長の早い女の子では4歳から、多くは5.~6歳から生え始めます。永久歯を守るため、こうした時期にフッ化物歯面塗布を受けることも推奨されています。

生えてから間もないころにフッ素塗布をするのがとても重要です。

永久歯にフッ化歯面塗布を行う場合、乳歯に行うときよりフッ化物溶液の濃度を高くしないと、十分なむし歯予防効果が得られないと考えられています。

その為、安全にむし歯予防効果を得るためには、歯科医師などの専門家が歯科医院でフッ化歯面塗布の行う必要があります。

POINT2 歯につきにくいおやつを選ぶ、食べる時間を決める

お子さんがすこやかに成長していくうえで、おやつ(間食)は大切な栄養補給源となっています。しかし、お菓子に多く含まれる糖分は、ごはんやパンなどに含まれる糖質より明らかにむし歯の原因になりやすいので注意が必要です。

むし歯を予防するには、おせんべいやスナック菓子、代用甘味料を使用したお菓子など、糖分が少なく、歯にくっつきにくいお菓子を選ぶとよいです。「午前10時と午後3時がおやつの時間」などと時間を決め、長時間ダラダラ食べ続けないようにすることが大切です。

POINT3 正しい歯みがき習慣を身につける

お子さんの歯みがき習慣は、最初の歯が生えたときから始まります。

保護者が歯みがきのお手本を示し、お子さんが小児用のマイ歯ブラシでまねしてみる、そして保護者が別の歯ブラシで仕上げみがきをするとよいでしょう。

むし歯を予防するためには、こうして正しい歯みがき習慣を身につけることが大切です。

1歳6ヵ月を過ぎたころの就寝時の授乳もむし歯の原因となる可能性がありますが、授乳後に毎回適切に歯をみがいていれば問題ないと考えられています。

ポイント4 保護者も一緒に定期歯科検診を受ける

お子さんのむし歯を予防するためのもう1つ大切なポイントは、かかりつけの歯科医院で歯の定期検診を欠かさずに受診することです。

このとき、保護者の皆さんもお子さんと一緒に受診し、ご自身のむし歯や歯周病の早期発見・治療に努めることも大切な心がけといえます。

逆に安心して虫歯を放置してしまうと・・・

1永久歯に虫歯ができるリスクが上がる

2歯並びが悪くなってしまう

乳歯が虫歯になってしまい、早期に抜いてしまうとその場合隣の歯が倒れてしまい歯並びが悪くなる可能性があります。

3心身の発達に影響する

乳幼児に虫歯があると歯の痛みから食事を存分に摂ることや、噛み砕くことができない。そうすると集中力・学習能力の低下などに影響を及ぼします。

虫歯の子供が減っているとはいえまだ虫歯になってくる子又はなりやすい子はいます。

このブログを見て虫歯の予防はできるんだと感じて頂ければ幸いです。

虫歯になりにくい口腔内環境を作る為に、新浦安ブライド歯科に来て頂き、予防のお手伝いをさせていただければと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

٩( 'ω' )و✴︎⭐︎✳︎⭐︎

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
徳丸 玲菜

徳丸 玲菜

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯、歯周病をより多くの方にも知って頂き、患者様一人一人にあったケアを提供できるよう日々努力していきたいと思っております。 お気軽に遊びにいらして下さい。よろしくお願いいたします。
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.徳丸のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.