img 3233-鼻呼吸ってそんなに大事なの?

その他スタッフブログ

鼻呼吸ってそんなに大事なの?

投稿日:

The following two tabs change content below.
杉本 貴彦
私は歯科医師になって、口腔外科、一般歯科と勤務してきました。今後も口の中を健康に保つお手伝いをさせて頂きつつ、もし虫歯になってしまったとしても、しっかりと説明して患者様に納得頂ける治療を行います。宜しくお願い致します。

こんにちは、歯科医師の杉本です。

前回書いたブログで、お子様がきれいな歯並びを手に入れるために必要なことの中の一つとして鼻呼吸を挙げました。今回は、鼻呼吸できないことが歯並び以外に与える影響について、少し詳しくお話ししたいと思います。難しい話が出てくるかもしれませんが、お付き合いください。

鼻呼吸できないと起こること

最近では色々なところで鼻呼吸について以下のようなことが言われています。

鼻呼吸をすると、鼻毛などで異物やバイ菌がろ過され、また、鼻の穴の中で空気が温められて加湿された状態で中に入ります。そのため、風邪を引きにくくアレルギーにもなりにくいと言われています。

一方口呼吸では、異物やバイ菌がそのままで、また乾いた冷たい空気が体の中に入ることで、風邪をひきやすかったり、アレルギー体質になるなど体に良くないと言われています。

以下のサイトに詳しく書いてあります。

img 3233-鼻呼吸ってそんなに大事なの?

出典:https://takeda-kenko.jp/yakuhou/feature/breathing/vol01.html

上記サイトより、さまざまな悪影響があることがお分かりいただけるかと思います。また、書いてあるものの他にも鼻呼吸ができないことによる悪影響はあると言われています。

・食事:早食い、遅食い、偏食、味がわからないなど

・睡眠:いびき、無呼吸、おねしょ、夢遊、寝汗など

・行動:ADHD(注意欠陥多動性障害)、攻撃的行動、情緒不安定など

・学習:LD(学習障害)、集中できないなど

ADHDは「集中力がない」「じっとしていられない」「思いつくと行動してしまう」などを症状とした病気です。

LDは、全体的な知的発達の遅れはないが、「読む」「書く」「話す」などの限られた分野において著しい困難を示す病気です。

こちらのページにも載っています。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008.htm

たかが呼吸くらいで…と思っていたお父さん、お母さん、歯並びだけじゃなく、こんなにもたくさん悪い影響を与える可能性があると知ると怖くなりませんか?

鼻呼吸をしやすくするにはどうしたらいいの?

鼻呼吸が大事なのはわかったから、じゃあどうしたらいいの?と思われると思います。

ブログだけで説明をするのはとても難しいのですが、今回はあえてポイントを一つにしぼりました。

鼻呼吸をするために大切なこと

を閉じること

です!!

口から空気が通らないようにする、それだけです。

すごく簡単そうに感じますよね。

当たり前でしょって思われるかもしれません。

でも、この簡単そうに見えることができていない子供たちが、現代の日本にはたくさんいるんです。

お子様はテレビを見ている時、ボーッとしている時、しっかりお口を閉じれていますか?

あいてるなーと思ったお父さん、お母さん、お子様は少なからず口呼吸をしています。

歯並びのためだけじゃなく、全身の健康のために、一度ご相談に来てみてはいかがでしょうか?

杉本でした^ - ^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
杉本 貴彦
私は歯科医師になって、口腔外科、一般歯科と勤務してきました。今後も口の中を健康に保つお手伝いをさせて頂きつつ、もし虫歯になってしまったとしても、しっかりと説明して患者様に納得頂ける治療を行います。宜しくお願い致します。
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-その他スタッフブログ

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2019 All Rights Reserved.