DH.小林のブログ

甘くて怖い砂糖のお話

投稿日:2019-08-08 更新日:

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!

皆さんこんにちは!新浦安ブライト歯科、歯科衛生士の小林ゆうです。

今回は、皆さんが毎日摂取してるであろう『砂糖』についてお話していきたいと思います♪

さて、皆さんはあま~~いジュースやお菓子、チョコレートやドーナツは好きですか?私は、、、大好きです!!!疲れたとき、小腹が空いたとき、ついつい甘い食べ物に手がのびてしまいますよね。

ですが、そんなあま~~いおやつの中には恐ろしいくらいのお砂糖が含まれています。

砂糖と聞くと、『歯に悪そう』だとか、『虫歯になりそう』そんなイメージないですか?

それではこれから、砂糖がもたらすお口の中・身体への関係についてお話します。

1.砂糖は虫歯菌のエサになる

お口の中にはミュータンス菌という虫歯菌が存在します。

このミュータンス菌が砂糖をエサにして、歯の表面に歯垢(プラーク)を作り出し、そこから持続的に分泌される酸によって歯が溶けることで虫歯が発生します。

2.ジュースに含まれるお砂糖の量

ジュースに含まれるお砂糖の量を見てみましょう!

コカ•コーラ →56.5g

(スティックシュガー19 本分)

アクエリアス →31.0g

(スティックシュガー11本分)

カルピス →56.0g

(スティックシュガー19本分)

ロイヤルミルクティー →39.0g

(スティックシュガー13本分)

いかがですか?

以上全て、500mlペットボトルに含まれる砂糖の量となります。

ジュース一本でこれだけのお砂糖を摂取してしまいます(>_<)

ここで、ジュースに含まれる砂糖の計算方法をご紹介します!

《 砂糖の量を調べる計算式 》


(内容量)÷(単位量)×(単位量当たりの炭水化物の量)=(全体の砂糖の量)

※ どんな飲み物でも共通の計算方法です。 

コーラの栄養成分表示ですが、その中に炭水化物という表示があります。

この公式を使って計算すると、この商品の場合は、100mlあたり11.3gで、内容量は1500mlなので…

1500÷100×11.3=169.5

1本飲むと169.5gの砂糖を取ることになるわけです。

ちなみに、WHO(世界保健機関)では、新しい指針として「成人の1日あたりの砂糖摂取量は25g程度までが望ましい」と発表しています。

ということは、ジュース一本を飲むことで1日の砂糖摂取量を軽くオーバーしてしまうことがわかりますね!

砂糖は虫歯の原因になるとお話しましたが、摂りすぎは身体にも悪影響を及ぼします。

3.砂糖がもたらす身体への害

①砂糖中毒になる

糖分を摂取すればするほど、ますますそれが欲しくてたまらなくなる症状です。

私もチョコレートを食べ出すと止まらなくなりますが、まさに砂糖中毒ですね...

②より多くの糖分を摂らないと満足できない

糖分を摂りすぎると、味覚を感じる舌の表面の受容器である味蕾(みらい)が、糖に対して耐性を持ってしまいます。

なので、より多くの砂糖が必要になってくるのです。

③体重が増えた

これはもう、当たり前のことですよね。。

夏だしダイエット頑張ろう!と思ってる女性の皆さん。毎晩ご褒美アイスをしてたら、いくらダイエットを頑張っても痩せないですよ♪私もその1人ですが....

④気分が常にアップダウンする

糖分による一時的な興奮から脱すると、血糖値が急降下します。こうして起こる気分の変動によって、イライラを感じやすくなります。

常にイライラしてる方、もしかしたら砂糖の摂りすぎかもしれませんよ?一度、自分の食生活を見直してみましょう!

⑤肌荒れが治らない

砂糖はお肌の敵です!美肌になりたかったら、今すぐ大量の砂糖摂取は控えましょう。

他にも、糖尿病をひきおこしたり、不眠症の原因や、血管硬化を招くなど、砂糖のとりすぎは身体にたくさんの害を招きます。

私は砂糖を白い麻薬と思っています。大げさかもしれないですが、そうでも思わないと、ついつい摂りすぎてしまうので...

4.身体に良い砂糖

今までお話してきたのは白砂糖についてです。

白砂糖は、精製された状態で販売されています。精製された白砂糖は、体に必要な栄養素である、無機塩類、鉱物質、ビタミン、脂肪などを一切持っていません。

つまり、白砂糖は栄養のないカロリーだけの食品。薬と同じ不自然な化学薬品とも言えます。

「砂糖」と一口に言っても、私たちがよく目にしている「白砂糖」だけではなく、実はたくさんの種類があるのはご存じでしょうか?

ここまでで、砂糖が体に悪いことは歴然ですよね。しかし、一切砂糖を摂取しない生活は難しいですし、やっぱり甘いものって恋しくなってしまいます。

そこで、白砂糖の影響をなるべく受けない、体に良い砂糖をご紹介します!

・精製していない黒砂糖

・てんさい糖

・米飴

・メープルシロップ

・ハチミツ

・本みりん

・果物、野菜の甘味

これらはミネラルやビタミンなど植物本来の栄養素が含まれた、精製されていない砂糖です。

普段の料理に使用する際や小腹が空いて何か甘いものが欲しくなったときは、是非未精製の砂糖や別の甘味料を使うなどの工夫をしてみてください♪

5.まとめ

砂糖は食生活に欠かせないものです。

しかし、体には悪い影響を及ぼす存在でもあります。

体に悪い砂糖をなるべく避けるために、少しの注意や工夫をするだけで生活習慣病をはじめとする病気の予防にもつながります。

砂糖の摂り方に気を付けて、お口も身体も健康に過ごしていきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.小林のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.