img 2206-歯並びってなんで悪くなるの?

Dr.杉本のブログ

歯並びってなんで悪くなるの?

投稿日:2019-06-28 更新日:

The following two tabs change content below.
杉本 貴彦
私は歯科医師になって、口腔外科、一般歯科と勤務してきました。今後も口の中を健康に保つお手伝いをさせて頂きつつ、もし虫歯になってしまったとしても、しっかりと説明して患者様に納得頂ける治療を行います。宜しくお願い致します。
杉本 貴彦

最新記事 by 杉本 貴彦 (全て見る)

こんにちは、歯科医師の杉本です。

初投稿でドキドキしています(@_@)笑

今日はみなさんに、私が特に力を入れている小児歯科分野についてのお話をさせていただきますね!

歯並びはどうやってできるのか。

歯は口の中で、頰、唇と舌の間に位置しています。子供の骨は大人に比べて柔らかく、頰の力、唇の力、舌の力、さらには外的な力によって歯は簡単に移動してしまいます。その筋肉のバランスによって歯並びが出来上がると言われています。

img 2206-歯並びってなんで悪くなるの?

上の図を見ていただけるとわかりやすいかもしれません。

つまり、顎が正常な発育をして、更にちょうど中と外の力の釣り合いが取れていれば、歯並びは自然に綺麗に並ぶようにできているんです。

何が歯並びを悪くするのか。

では、なぜ歯並びは悪くなるんでしょうか。

一番大きな原因と言われているのが、お口ポカン、口呼吸です。

口をしっかり閉じて鼻呼吸をしていると、舌が上顎にくっついて、上の歯を頰、唇と舌で挟んでいる状態になります。その状態は中と外の釣り合いが取れてると考えられており、基本的には歯は綺麗に並びます。

しかし、お口ポカンの状態になると上顎から舌が離れてしまいます。そうなると、上の歯に対して頰、唇の力が強く働き、上の歯は内側に押されて顎が狭くなります。下顎は上顎に阻害されて十分に発育できず、こちらも狭くなります。これが大まかな歯並びが悪くなるメカニズムと言われています。

加えて、食事の変化により、よくものをかむ必要がなくなったために顎の骨が十分に成長していないことも一因と言われています。

綺麗な歯並びを手に入れるには

今までの話を総合すると、しっかり口を閉じて鼻呼吸をして、しっかりと歯を使う食事がすることが綺麗な歯並びを作る条件と言えます。

お子様の歯並びがきになるお父さん、お母さん。

おうちで、お子様がテレビを見ている時の様子を観察してみてください。

お口がポカンとあいていませんか?

ご飯を作る時、食べやすいようにという優しさから野菜や肉など細かく刻んだり、おいしいからと柔らかいものばかりだしていませんか?

新浦安ブライト歯科では、お子様の歯並びの相談も受け付けております。矯正をする、しないに関わらず、気軽に相談してみてくださいね。

img 2209-歯並びってなんで悪くなるの?

以上、杉本でした(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
杉本 貴彦
私は歯科医師になって、口腔外科、一般歯科と勤務してきました。今後も口の中を健康に保つお手伝いをさせて頂きつつ、もし虫歯になってしまったとしても、しっかりと説明して患者様に納得頂ける治療を行います。宜しくお願い致します。
杉本 貴彦

最新記事 by 杉本 貴彦 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.杉本のブログ
-, , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2019 All Rights Reserved.