TC.白井のブログ

お子さんの歯のけが、放っておくと…

投稿日:

The following two tabs change content below.
白井 佑佳

白井 佑佳

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
歯科医院が苦手な方、お子様にも安心して通っていただけるようにきちんと不安を取り除けるような情報を伝えたり、寄り添ったりできるように努めて参りますので宜しくお願い致します。

こんにちは!

受付の白井です。

今回は、お子さまと歯のけがについてまとめていきたいと思います。

けがの原因第1位は?

歯のけがの原因で1番多いのは、やはり転倒です。

転んで歯をけがする子の割合は要因全体の半数と言われています。

ほかには、硬い壁や遊具などへの衝突、

高いところからの転落、

打撲や事故など様々です。

1歳から3歳の乳歯の時期、7歳から9歳の永久歯が生えてくる時期にけがをしてしまうお子さまも多く、歩き始めやいっぱい遊ぶようになるとどうしてもけがもつきものになってきます。

歯のけが、症状は??

大人の方でも、転んで歯が欠けてしまった、

ぶつけて血が出てきた など経験がある方も少なくないと思いますが、

表面だけに見えるそういう症状以外にも、気にかけなければならない部分は沢山あります。

歯茎や、顎の骨、乳歯の場合これから生えてくる永久歯に影響をおよぼす可能性もあります。

その場ではなんともなくても、何日かして様子がおかしい…といったことも少なくはありません。

これくらい大丈夫でしょう。

と思わずまずは歯医者さんへ!

お子さまが歯をぶつけても、血は出ていない、痛がってる様子はないといった場合

"大したことはなさそう。そのまま様子をみて

みようかな?"と思われるかもしれません。

症状がなくても見えない部分(歯茎の中や根っこの部分等)を傷つけてしまっている可能性もあります。

その拍子に乳歯が抜けてしまって、"生え変わるものだし放っておいても大丈夫。"というのも危険です。

歯が抜けてしまうということは相当な強さの力がかかっている為、これから生えてくる永久歯に影響が出ているかもしれません。

レントゲンを用いた検査を行わないと発見できないものもありますので、

大丈夫だろうと思わず、お早めに一度歯医者さんへ出向いてみてください。

歯をけがしたときに行っていただきたいこと

まず、けがをした際に歯以外に頭部や全身のところに症状がある場合はなるべく早くに病院へ。

けがをした状況や時刻など記録を取っておいた方が確実です。

歯が抜けた

永久歯が抜けても早く植えることで元に戻る可能性が高まります。

抜けてから1時間〜3時間の間に早急に歯医者へお越しください。

乳歯の場合も植え直しはしませんが、一度先生にみてもらうことをお勧めします。

抜けてしまった歯はラップやビニール等で包み乾燥させないようにしましょう。

砂などで汚れていても水洗いはNGです!

歯が欠けた

かけらがあれば乾燥を防ぎ一緒にお持ちください。

歯の神経は半日たつと痛みが強まることがあるので、その日のうちに。放置はNGです!

唇や歯茎が切れた

清潔なガーゼなどで軽く押さえ止血します。

腫れを防ぐには30分ほど氷で冷やします。

土などが傷口に入ると傷跡が治らないこともあるのでその日のうちに歯医者へ。

歯がグラグラする、噛むと痛い

歯の根っこや顎の骨が折れている可能性もあるので早めに受診しましょう。

定期的な受診が大切です

その日のうちに処置をして、それで終わりではありません。

時間が経ってから症状が出る場合もあるため、3日〜1週間ほど経ったら消毒も含め再度診てもらいましょう。

少しでも異変が見られたらすぐに歯医者や、それぞれ該当する病院へ連絡をして、受診するようにしましょう。

参考:歯科情報誌 nico

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
白井 佑佳

白井 佑佳

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
歯科医院が苦手な方、お子様にも安心して通っていただけるようにきちんと不安を取り除けるような情報を伝えたり、寄り添ったりできるように努めて参りますので宜しくお願い致します。
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.白井のブログ
-,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2019 All Rights Reserved.