DH.森のブログ

虫歯にならないための生活習慣

投稿日:2019-06-14 更新日:

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!

新浦安ブライト歯科、ホワイトニングコーディネーター歯科衛生士の森 奈美です。

少しずつ、夏を感じる気持ちがいい季節ですね。暑くない程度のこのくらいの時期が過ごしやすくて好きです。

これからますますアイスクリームおいしいですよね〜!アイスやタピオカジュースを飲んでいるお子様をよくみかけます。

 

 

 

虫歯にならないようにするために 

虫歯を予防するためには、歯磨きだけではなく、おやつの食べ方も大切です。

子供のおやつは本来、通常の食事ではとりきれない栄養素を補うという目的があります。

おやつ=甘いもの、お菓子と思いがちですが、そうではありません。

糖分をとるのであれば、なるべく砂糖ではなく、代用甘味料のキシリトールや果糖から摂るのが望ましいです。

 

 

 

さつまいもや野菜の自然な甘みも良いでしょう。

  

 

 

 

 

 

 

虫歯になりにくいおやつの選び方 

 

虫歯菌は砂糖が多く、ベタベタ歯にくっつくおやつが大好きです。              

飴やグミ、ガムは口にいれるとしばらく甘いものが口に入った状態なので避けたいおやつです。 

砂糖をたくさん使った甘いものより、おせんべいやクラッカーなどがオススメです。

 

 

 

シュガーコントロール(糖分摂取の考え方)

糖分は必要な栄養素です。虫歯菌は砂糖が大好物!!

 

砂糖の量に注意

ケーキにはたくさん砂糖が入っているのは知っていますよね。他にはコーラ、アイスクリーム、体にいいとされるスポーツドリンクのも砂糖が入っています。隠れた砂糖には要注意!習慣的に飲んでいると虫歯になりやすくなります。甘みの強いものに控えめに!

普段はお茶や水にしましょう。         

 

間食の時間と回数

砂糖の量も重要ですが、お口の中に長くとどまる物にも要注意!例えば、チョコレートやアイスよりもお口の中にずっとある飴の方が危険!
だらだら食いするとお口の中は酸性状態になり、虫歯ができる危険大です!

  

 

 

 

虫歯をつくりにくいおやつのポイントを知り、上手なおやつ習慣を作ってあげましょう!

おやつのあとは、ぶくぶくうがいや歯磨き(仕上げ磨き)でお口の中をきれいに心がけて下さいね!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.森のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.