img 7821-柔らかいものばかり食べてませんか

Dr.斎藤のブログ

柔らかいものばかり食べてませんか

投稿日:

The following two tabs change content below.
斎藤 弘人
私は大学院で痛みの研究をし続けてきました。 悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くなくても歯医者に気軽に来て頂けるようになればと思っています。歯科医師として、患者さまができるだけ長い間、自分の歯で噛むことが出来る手助けが出来れば幸いです。
斎藤 弘人

最新記事 by 斎藤 弘人 (全て見る)

オーラルフレイルとは

今や超高齢社会となった日本では今後ますます高齢者の割合は増えていくことが予想されています。

フレイルとは高齢になり生理機能が低下することによりストレスに対する脆弱性が亢進し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの転帰に陥りやすい状態とされています。簡単に言うと体が弱ってしまうということですね。

歯科においても日本歯科医師会が「オーラルフレイル」という言葉を使って口腔機能の低下について注意しましょうという啓蒙活動を行っています。

歯がなくなったり、歯に痛みがあったりするとなかなか食事がしずらくなったり、硬いものが食べられなくなったりします。すると噛まなくなるのでお口の周りの筋肉が衰えてきます。そうするとますます食べにくくなり栄養状態が悪くなってきて体が弱くなってくるという負のスパイラルが起こりオーラルフレイルの状態になってしまいます。

オーラルフレイルの評価方法

オーラルフレイルは滑舌の低下、むせの増加、噛めない食品の増加などの段階であり、本格的な咬合力の低下や、舌口唇の運動の低下、摂食量の低下にならないように早めの対応が重要となってきます。

日本老年歯科医学会においてオーラルフレイルの評価項目として、

1.口腔衛生状態不良

2.口腔乾燥

3.咬合力低下

4.舌口唇運動機能低下

5.低舌圧

6.咀嚼機能低下

7.嚥下機能低下

の7項目が設定されています。そのうち3項目以上該当する場合「口腔機能低下症」と診断されます。

 

オーラルフレイルの対応

まず全身の衰えに大きくかかわる「口の衰え」を認識してもらうことが重要です。はじめはささいな口の衰えに対し、無意識のうちに柔らかいものばかり食べるようになり、徐々に口の衰えが悪化していくことになります。歯医者さんに行き適切な治療を受けてまず痛みのない状態に整えること。また柔らかいものばかり食べるのではなく、様々な食品を食べることでたんぱく質を中心とした適切な栄養摂取をすること。そうすることで摂食機能だけでなく栄養状態の改善によって全身の機能も回復し外出、食事、会話を楽しむことができ、より積極的にコミュニケーションをとることで心理的、社会的なフレイルから脱却することが重要だと思わます。

8020がおおむね達成された今、患者さんのQOLを高めるために歯の数だけでなく、機能も維持していき、よりよい社会生活を送れるようにがんばっていきたいと思っています。

summer engawa chara-柔らかいものばかり食べてませんか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
斎藤 弘人
私は大学院で痛みの研究をし続けてきました。 悪くなってから歯医者に行くのではなく、悪くなくても歯医者に気軽に来て頂けるようになればと思っています。歯科医師として、患者さまができるだけ長い間、自分の歯で噛むことが出来る手助けが出来れば幸いです。
斎藤 弘人

最新記事 by 斎藤 弘人 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.斎藤のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2019 All Rights Reserved.