DH.森のブログ

この治療を成功させたい!

投稿日:2019-02-17 更新日:

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!

新浦安ブライト歯科、ホワイトニングコーディネーター 歯科衛生士の森奈美です。

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。暖房で乾燥しやすいのでお部屋の湿度管理に気をつけている今日この頃です。

百害あって一利なし

このブログを読んで下さる方やご家族、友人に喫煙者はいらっしゃいますか?
「タバコは体によくない」ことはご存知かと思います。しかしタバコが歯周病にも悪影響なことは知らない人も多いかもしれません。

がんのリスクだと知っていても歯の健康にも害を与えるなんて知らなかった・・・

禁煙をすすめたい、禁煙を考えてる方、ぜひ読んで下さい。

タバコの害は歯周病だけではありません!虫歯にもなりやすいんです!!

〜歯周病が悪化、再発しやすい〜

タバコの煙が最初に通過するのはお口の中ですよね。

タバコの煙に含まれる有害物質は細菌から身体を守る免疫細胞や、炎症などで傷ついた組織を修復する細胞の働きを邪魔します。そのせいで歯周病が進行するのを止める力が弱く、歯周病になりやすいです。病気の進行も早く重症化しやすく、歯周病の治療をしても治りが遅く、再発のリスクも高くなります。
最近ではタバコの有害物質が歯周病菌を刺激し鍛え上げてパワーアップさせることも明らかになってきました。

虫歯になりやすい!

歯周病と一緒で虫歯菌もタバコの有害物質にypって鍛えられパワーアップすることが分かってきました。強くなった虫歯菌はネバネバ度の高いプラーク(歯垢)を作って歯に引っつき、その中に隠れます。糖を旺盛に食べて酸をジャンジャン出します。

こうして濃度の高くなった酸が歯を溶かし、虫歯ができやすくなってしまいます。

虫歯菌がタバコの煙で強くなると歯周病で歯茎が下がり、歯の根元に歯垢が付着して虫歯ができやすくなります。
歯茎も下がり、虫歯にもなる。いいことはないですね。

インプラントが成功しにくい

タバコは外科治療後の回復の妨げにもなります。

手術後の傷がふさがるのが遅く、ばい菌に感染するリスクが増えてしまうのです。またインプラント治療の場合、埋入したインプラントとあごの骨が結合して安定してはじめて治療が成功しますが、タバコの影響で骨の反応が悪くなってしまうと、結合がうまくいかず治療がやり直しになってしまう場合があります。

終わりに

せっかく高い治療費を払ってインプラント治療をしたのに・・・

仕事や育児で忙しい中、時間を作って歯周病の治療に通ったのに・・・
私たち歯科衛生士も毎日、歯周病の治療をしながら「患者様の口の中をよくしたい」と思いながら治療しています。喫煙者の場合、治療の効果が思うようにあがりません。
治療に責任がある私たちにとって切実な問題です。

お口の健康を守るにはタバコをやめることが優先課題。禁煙すると暴れていた細菌が穏やかに変わり、禁煙の効果があがることは明らかになっています。

失う歯を減らすために禁煙を始めませんか?

参考元:niko クインテッセンス出版

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.森のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.