TC.篠田のブログ

正しく噛んで若返る!!

投稿日:2018-11-26 更新日:

The following two tabs change content below.

篠田 愛実

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
1人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!

 

こんにちは!
トリートメントコーディネーターの篠田です
今日は噛むことについてのお話です。

 

いつまでも若々しく、美しく、元気でありたいという願いは全ての人に共通のものです。

そこで「しっかり噛むということ」がとても重要なんです。

 

「噛む」ことに注目したことはありますか?

噛むことで得られる3つの効果

 

➀食べすぎを防ぐ

正しくしっかりと噛んで食事をすると歯根膜が刺激され脳内の結節乳頭膜という部分に届くと脳内からヒスタミンという物質が分泌されます。

ヒスタミンは満腹中枢を刺激するので、脳は「お腹いっぱい」という信号を出し、食欲が抑えられます。

10分間ガムを噛んでから食事した人は噛まなかった人に比べて4割も少ない量で満腹になったという実験結果もあります。

さらに、脳内のヒスタミンは交感神経を刺激し、内臓脂肪を減らすと言われています。

良く噛んで食べると必然的にゆっくりと食事がすすみ、血糖値もゆるやかに上昇します。

その結果、血糖値を下げようとするインスリン(脂肪をためこむ)も出すぎず、一石二鳥なのです♪

 

②脳が活性化する

運転中や勉強の時に猛烈な眠気が襲ってきたとき、ガムを噛むことでシャキっと目が覚めたという経験は誰にでもあると思います。

よく噛むことで歯根膜が刺激されると脳神経が活性化されます
また甘い、苦いなどの味覚やシャキシャキもちもちなどの食感、熱い、冷たい、温度など、口の中の刺激が大量の情報として脳細胞へと送られ、脳に血液が集まり、頭が快適に働くようになり、記憶力も向上すると考えられています。

噛むという行為は手足を動かすよりも緻密で複雑です。
髪の毛などの細かいものが口の中に入ったとしてもすぐに感じ取り、それを舌などで取り除くことができたり、硬い物、やわらかいものを噛むとき、瞬時に判断してちょうどいい力で嚙めるように多くの筋肉や関節を調節しています。
つまり、一口噛むだけで脳はフル回転しているのです!!

 

③唾液に秘められた若返りのチカラ


よく噛むと唾液の分泌量は10倍にもなると言われています。
唾液の素晴らしい効果は知っていますか?
唾液の中には消化酵素はもちろん実にさまざまな成分が入っていることがわかっています。

☆ラクトフェリン
たんぱく質の一種。免疫力アップ、抗酸化作用、抗炎症作用
☆IGF-1
成長ホルモン。悪玉コレステロールを減らす、筋肉増加、骨密度アップ、傷の治りを早くする
☆EGF
たんぱく質の一種。細胞の生成を促進する
(傷をつくったらツバつければ治るは迷信ではなかった??)
☆ペルオキシターゼ
老化を防ぐ
食品添加物、焦げ、たばこのヤニなどに含まれる発がん物質の毒素を消去する

唾液をたくさん出すにはよく噛んで食べることが何よりも効果的です。
他に、酸っぱいものを食べる、舌の運動をする、リラックスする、下あごエラの内側をマッサージする、ガムを噛むなどもあります。

 

 

噛むことは私たちの身体にとてもいい影響を与えてくれているんですね!

健康な歯でしっかりと噛むためには正しい噛み合わせが何よりも大切です。

噛み合わせを悪くする最も大きな原因は当然のことながら歯を失うことです。

歯を失う二大原因は、虫歯、歯周病

最近では歯ぎしりや食いしばりも大きな要因として注目されています

歯を残すために、お口の健康を予防することがとても重要です!

 

噛むことで大きな役割を担っているのが歯根膜です。

 

優秀なセンサー「歯根膜」

歯根膜は歯の根の部分を覆っています。

歯を守るクッションの役割をしているほか、歯にかかる力などの刺激を精密に感知する優秀なセンサーでもあります。

感知した刺激は脳に伝え、脳を活性化したり、ヒスタミンなどのホルモンを分泌させます。

歯の根元を支える歯根膜は歯が抜けるときに一緒に剥がれ落ちてしまいます

え、じゃあ歯が抜けてしまったら脳が活性化されなくなってしまう、、?

心配になってしまいますが、人間の体はすごいものです!

自分の歯が抜けてしまっても、インプラントや入れ歯などを入れてよく噛むことができれば

口の中の粘膜が歯根膜の代わりをして働くことがわかっています。

つまり、歯を失ってしまったとしても、きちんと噛み合わせることが重要なのです

 

 

歯やお口のお手入れ不足、そして現代人に多いストレスからくる食いしばりは噛み合わせを狂わせます。

そして悪い噛み合わせは顔のゆがみや数々の不調(頭痛など)、全身の老化を招きます

 

健康な歯があってよく噛めるということは、よく味わって食べることを楽しめるということでもあります。

また、歯の役割は食べること以外に、話すことにもあります。

人との良好なコミュニケーションに欠かせないものなのです。

健康な歯で正しく噛めば噛むほど若く元気になります。

歯から考えるアンチエイジング!

さあ、今日からあなたもよく噛む生活にしてみませんか?

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

篠田 愛実

歯科助手・受付 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
1人でも多くの方が、健康的な歯で幸せな生活を送れるよう治療に対する不安や恐怖を和らげ、安心して治療を受けて頂くために、日々勉強をしていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.篠田のブログ
-, , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2022 All Rights Reserved.