DH.小林のブログ

禁煙して歯を守ろう!

投稿日:2018-11-04 更新日:

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!

こんにちは!
新浦安ブライト歯科、歯科衛生士のこばやし ゆうです。

今回はタバコと歯科治療についてお話していきたいと思います。

1.禁煙するとこんな変化が...!

1分禁煙すると…タバコのダメージから回復しようとする機能が働き始める

20分で…血圧が正常値近くまで降下、脈拍も正常付近に復帰

8時間で…血中の一酸化炭素レベルが正常にもどり、血中の酸素分圧が正常になり運動能力が改善する

24時間で…心臓発作の確率が下がる

48時間で…においと味の感覚が復活し始める

48ー72時間で…ニコチンが身体から完全に抜ける

2-3週間で…歩行が楽になる、肺活量は30%回復

1-9ヶ月で…咳、静脈うっ血、全身倦怠が改善

10年で…ガンになる確率が減少する

いかがでしょうか?禁煙することで、身体の機能が回復してくることがわかっていただけたと思います。
全ての利点はたった1本のタバコで失われてしまうのです!

2.タバコと歯周病

一般にタバコを吸う人は、吸わない人に比べ3倍も歯周病にかかりやすく、また2倍も多く歯を失っているという報告があります。また喫煙本数と比例して歯周病が重症化することも分かっています。ではどうしてタバコが歯周病を悪化させてしまうのでしょうか?

1 歯周病菌と戦う白血球の機能が低下してしまう。
2 歯肉に酸素や栄養を供給するのに大切な血管が、タバコのニコチンにより収縮してしまう。
3 歯肉を修復するために必要な線維芽細胞の働きが抑制される。
4 歯と歯肉の境目にある溝の中の酸素が不足し、酸素が大嫌いな歯周病菌にとって繁殖しやすい環境を作ってしまう。

3.歯周病以外のタバコの害

歯周病を悪化させるだけでなく、タバコはお口の中にいろいろな悪影響を与えます。ヤニで歯が汚れるだけでなく、メラニンが沈着して歯肉が黒くなり、線維性のゴツゴツした歯肉になります。また舌の表面の細かい突起部分に舌苔(歯垢と同じ細菌のかたまり)にまみれてヤニが沈着し、ひどい口臭を発します。さらに味覚を感じる器官をヤニまみれの舌苔が覆い、味覚を鈍麻させてしまいます。タバコをやめると食べ物がおいしく感じるのはこのせいです。また味が感じにくくなると、自然と味つけの濃いものに食事が偏り、これが高血圧等の生活習慣病の原因にもなりえます。口の中にできるガンのリスクを多いに高めるのも喫煙です。

4.まとめ

タバコをやめて健康を守りますか?それとも、歯を失い美味しい食事を諦めますか?どちらに転ぶかはあなたの努力しだいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.小林のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.