DH.小林のブログ

シーラントで虫歯を予防しよう!

投稿日:2018-10-10 更新日:

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!

こんにちは!
新浦安ブライト歯科、歯科衛生士のこばやし ゆうです。
秋らしくなってきましたね。秋は美味しい物がたくさんあるので大好きです。例えば、、さつまいも!私ごとですが、最近大学芋を作ることにハマっています。お休みはひたすら美味しい大学芋作りのの研究です。そんな美味しい大学芋ですが、恐ろしいくらいのお砂糖を使っています...
お砂糖は虫バイキンにとって、格好の餌!美味しいものを食べても、むし歯にはなりたくないですよね。そこで今回はむし歯予防になる、シーラントについてお話したいと思います♪

1.シーラントとは

子供の頃、シーラントをしたことのある人が多いのではないでしょうか?シーラントとは歯の溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、むし歯になりにくくする効果があります。
シーラントは歯を削ることがないので痛みのない有効な健康保険適応のむし歯予防処置です。

2.どこの歯にするの?

一般的には6歳臼歯(第1大臼歯)にすることが多いです。6歳臼歯とは6歳頃に生えてくる永久歯のことです。子供の歯の後ろに1番目に生えてくる大人の歯になります。
食事をする時に一番活躍するこの歯は、歯ブラシが届きにくいために、汚れがたまりむし歯になることが多く、最も寿命の短い永久歯の一つでもあります。子供の6歳臼歯の歯の溝はとても深く、むし歯の始まりはこの溝からが一番多いのです。

3.治療時間はどのくらい?

シーラントは注射をしたり、歯を削ることもありませんので、お子様にとっても負担の軽いむし歯予防処置です。治療にかかる時間は1本の歯につき5分程度です。

4.シーラントのQ &A

Q.いつ頃した方がいいの?

A.5~6才になると6才臼歯が生えてきます。歯の咬み合わせがすべて見えるようになれば、シーラントを開始しましょう。

Q.シーラントしたらむし歯にならない?

A.シーラントしたからといって、むし歯にならない訳ではありません!あくまでむし歯を予防するものです。シーラントしたところもしっかり歯磨きして下さい。

Q.一生ついてるの?

A.残念ながら、一度つけてもとれてしまうことがあります。シーラントは歯を削ってつけるものではありません。例えると、歯にノリをつけてくっつけただけのものです。ですので、噛み合わせの関係だったり、施術のときに唾液を含んでしまったりするととれやすくなってしまいます。

Q.保険はきくの?

A.はい!保険適用です。

Q.新浦安ブライト歯科でもできるの?

A.できます!当院では、4本の6歳臼歯があった場合お子様のお口を開ける負担を減らす為、2本ずつ分けて施術をおこなっております。ご興味がございましたらお気軽にご相談下さい♪

5.まとめ


お子さんがむし歯の治療で泣いてる姿は心が痛みますよね。一生使う、大切な歯を守るためにもできることから始めていきましょう!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
小林 佑有

小林 佑有

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
患者様のお口の中の健康をサポートしていけるよう、わかりやすい説明と気持ちよいクリーニングを出来るよう努力していきます!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.小林のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.