院長ブログ

歯をぶつけた!?どうしたらいい??

投稿日:2018-10-16 更新日:

The following two tabs change content below.
院長 久後 佑介
新浦安ブライト歯科、院長の久後佑介です。 私は日本歯周病学会認定医として、日本人の成人80%以上が罹患しているといわれる歯周病学に精通し、地域の皆様のお口の中の健康向上に寄与したいと思っております。 こちらのブログでも、最新歯科治療情報や海外の歯科治療についてもご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
院長 久後 佑介

最新記事 by 院長 久後 佑介 (全て見る)

転んだ、ぶつかった?!そんな時どうする??

子供同士、遊んでいると、転倒や、衝突なんて頻繁に起きますよね!?

ぶつかって怪我したのが、自分の子だけじゃなく、他人の子供だった場合、いろいろ考えなきゃいけないことが多くて混乱すると思います。

そんな時に歯がかけてしまったり、歯が抜けてしまってたり、血が出ている場合はどうすれば良いのでしょうか?

転倒や、衝突してしまった場合の歯の応急処置について確認することを見ていきましょう。

1番大切なことは、口以外の致命的な怪我が起きていないことが1番重要です。

1、出血があるか、ないか?

口をゆすいだり、消毒できるようであれば消毒してみましょう。

出血が唇から出ているのか、歯から出ているのか確認してみてください。

出血が止まらないようであれば、綺麗な布や、ガーゼで、その部分を強く圧迫してください。10分程度圧迫していれば通常止まります。

2、歯が抜けてないか、どうか?

歯が抜けた場合、適切な保存をすれば、もとに戻せる可能性がございます。

歯の組織は、乾燥に弱いので、乾燥させないことが重要です。

しかし、水道水では、体の中と成分が異なるので、生理食塩水や、歯の保存水(ティースキーパーなど)が望ましいですが、事故の場合近くにない場合がほとんどだと思います。

現実的には、唾液で湿らせたティッシュで保存するというのが緊急的な手段としてございます。

3、歯が折れていないかどうか?

歯が抜けるほどではないが、歯が折れてしまった場合、折れた歯をまたつけることが可能な場合もあるので、2と同様の保存方法で大丈夫です。

歯が折れてしまった場合は、口の中に残っている歯の神経が出ている場合があるので、その場合、虫歯のような症状(冷たい水がしみる、息を吸うとしみる)が出る場合がございます。

また、実際は、折れていないように見えても、亀裂や、歯の根元で折れている場合など、あとでX線撮影をした時点で、判明する場合もございます。

4、歯が揺れていないかどうか?

歯が揺れていた場合は、固定する必要があります。

歯が折れたり、抜けるまではいかなくても、揺れている場合は、固定をしないとあとで、歯がだめになったり、痛みが出てくる可能性が高くなります。

また、揺れていると、当たるといたいので、食べるのを嫌がったり、歯磨きを嫌がったりすることにもつながります。

 

まとめ

歯科医院に行くまでに確認したほうが良いことをまとめました。

もし、上記に当てはまるようなことがなかったとしても、近隣の歯科医院で、検査はしておいたほうが良いでしょう。

なぜなら、歯をぶつけた場合、半年後や1年後に、ぶつけた歯が揺れてきたり、変色してきたり、痛みが出てきたりすることが良くあります。

その際、記録としてカルテに情報が残ってるか残っていないかで、診断のスピードや精度にも関わってきますので、なんにもなくても、記録として残しておくことが重要です。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
院長 久後 佑介
新浦安ブライト歯科、院長の久後佑介です。 私は日本歯周病学会認定医として、日本人の成人80%以上が罹患しているといわれる歯周病学に精通し、地域の皆様のお口の中の健康向上に寄与したいと思っております。 こちらのブログでも、最新歯科治療情報や海外の歯科治療についてもご紹介していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
院長 久後 佑介

最新記事 by 院長 久後 佑介 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-院長ブログ
-, , , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2021 All Rights Reserved.