DH.浅川のブログ

クリーニングをしたいのですが、何回通院しますか?

投稿日:

The following two tabs change content below.
浅川 あゆみ

浅川 あゆみ

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
歯科衛生士の浅川です。患者様の立場に立って、お口の健康をサポートできるよう日々努力します。どうぞよろしくお願いいたします。
浅川 あゆみ

最新記事 by 浅川 あゆみ (全て見る)

こんにちは。 歯科衛生士の「あさかわ あゆみ」です。

ここ数日寒暖の差が大きいですが

気温の急激な変化で起きる体の異変「寒暖差疲労」

体の冷え、めまい、肩こり、顔のほてりなど、様々な不調を連鎖的に引き起こすこともあるそうです。

皆様お体ご自愛ください。

 

先日クリーニングを担当した患者様で

「歯の歯石除去は何回で終わりますか?」と質問を受けました。

答えは患者様のお口の状態

つまり歯周病進行度、歯肉の状態、歯石の付着具合によって違います。

 

そもそも歯石とは何でしょう?

 

歯石は、歯に付着したプラークが唾液に含まれるカルシウムやリン酸などと反応して石灰化し、石のように硬くなって歯の表面にくっついたものです。
歯石は「死んだ細菌の固まり」であり、プラーク(バイオフィルム)のようにそのものが歯周病を引き起こす原因にはなりませんが、

歯石の表面はデコボコしているのでプラークが付着しやすい状態です。そのため、歯石の上にプラークが付着して石灰化するとさらに大きな歯石となり、歯茎の炎症をさらに招く結果となってしまいます。このように、プラークが歯石になってしまうと歯磨きで取り除くのは不可能です。

歯茎の中にも歯石がつきます。

歯茎の縁よりも上にある歯石は黄色みを帯びた乳白色をしていますが、歯茎の縁より下にある歯石は褐色です。重度の歯周病で抜け落ちた歯を見てみると、そのほとんどに褐色の歯石が付着しています。歯科医院でこの歯石を取り除くことが、歯周病の改善には欠かせません。なお、ご自身で歯石を取ろうとする方もいらっしゃるようですが、歯周組織を傷つけてしまうので決しておすすめできません。

 

ではプラークとはなんでしょう?

一般的に「プラーク(歯垢)」と呼ばれるデンタルプラークは、虫歯菌や歯周病菌をはじめとする微生物の固まりです。黄白色を帯びた粘着性の物質で、わずか1mgに数億から数兆もの細菌が潜んでいます。プラークは組織の約8割が水分で、残り2割が有機質。有機質の大半は細菌とその代謝物です。プラークが増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病、におい(口臭)などを招くことが分かっています。プラークに潜む細菌を顕微鏡で調べてみると、細菌が活発に動いていることが分かると思います

新浦安ブライト歯科では、この細菌を位相差顕微鏡で調べる事が出来ます。

 

まず、見えてる部分をキレイにしていきます。

歯石やプラーク、着色汚れ(ステイン)などを取っていきます。
これで歯と歯茎の境目に歯ブラシが当たりやすくなります。
しっかりブラシをすると歯茎の炎症が改善していきます。

 

次は歯茎の中に着いてる歯石を取ります。

歯周病の治療では、これがとても重要なのです。
歯周病は、歯茎の中についている歯石が原因で進行するので、取り残しがあると治りません。しかし見えない部分についているので、患者さんはもちろん、歯科医師や歯科衛生士でも確認しにくいものです。では、どのようにして、これを取るのでしょうか。
基本は、歯茎の中へ専用の器具を入れて、歯石の有無を確認したら、1本1本丁寧に取っていきます。

痛みが出そうな場合には、麻酔をして行います。

 

歯周病の進行度、歯肉の状態、歯石の付着具合は、歯科医師、歯科衛生士がしっかり説明させていただきます。

最後に

治療が終わったら、どれくらい良くなったか検査をします。

その結果で再治療や経過観察、メンテナンスへとなります。

歯周病は自覚症状が出てきた時には元の健康な状態には戻れないと言われます。

そして時間をかけてゆっくり進んできた病気です。

治る時にもやはり時間がかかると思って、根気強く治療して行きましょう。

一生自分の歯で美味しくお食事が出来るように、私たちも努力していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
浅川 あゆみ

浅川 あゆみ

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
歯科衛生士の浅川です。患者様の立場に立って、お口の健康をサポートできるよう日々努力します。どうぞよろしくお願いいたします。
浅川 あゆみ

最新記事 by 浅川 あゆみ (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.浅川のブログ
-, ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.