DH.森のブログ

生えてきた歯が茶色い

投稿日:2018-02-28 更新日:

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!

新浦安ブライト歯科、歯科衛生士の東風平 奈美(コチヒラ ナミ)です。

こどもの歯が生えてきたのに茶色いのは虫歯?

 

歯が生え始めた赤ちゃんや歯の生え変わりの時期のお子様がいらっしゃると子供の歯の変色や虫歯、噛みあわせなど気になりますよね。

通常、乳歯は乳白色をしていますが、まれに黄色や茶色い歯が生えてくることがあります。

これは「エナメル質形成不全」といわれる症状です。                    

歯の表面はエナメル質といわれる層でコーティングされています。エナメル質形成不全とは何らかの原因で歯のエナメル質が

正常に形成されない症状のことです

程度も様々で色でけ茶色くなっている場合もありますし、デコボコしてる場合もあります。  

デコボコが大きいと虫歯のなるリスクはさらに高まります。

歯質は健全なエナメル質に比べると弱くなります。虫歯のようにみえることもありますが虫歯ではありません。

 

=エナメル質形成不全の歯の特徴=

★濃い白色の部分がある                                        

★茶色くなっている

★表面にくぼみや穴がある

★エナメル質が薄くなっている

 

 

原因は?

乳歯のエナメル質形成不全の場合は、妊娠時にお母さんが飲んだ薬の影響や妊娠時のお母さんの栄養状態などがあげられます。

赤ちゃんの歯は妊娠初期に作られてるため、妊娠初期にお母さんが摂取した薬などの影響の可能性があると考えられています。  

赤ちゃんが早産で生まれた場合やつわりなどによる栄養不足があるとエナメル質形成不全がおこりやすいです。

 

永久歯のエナメル質形成不全の場合は乳歯の時の虫歯や乳歯の時の歯茎、歯の外傷(転んでぶつける)、高熱などの病気の影響、遺伝などと

いわれています。

対処法、治療法は?

 

乳歯がエナメル質形成不全であっても日ごろの歯のケアと栄養バランスの良い食事心がけることで永久歯のエナメル質形成不全を防ぐことができます。

多少、着色している程度、軽度のへこみであれば歯の質を強化するために歯科医院での定期的にフッ素を塗って経過をみます。自宅ではフッ素入りの

歯磨き粉でしっかり磨きましょう。

歯がデコボコしていて症状が進んでいる(穴があいている)場合や歯がやわらかくなっていたり、色が気になる場合はその部分を削って   

コンポットレジンという 歯科用のプラスチックをうめて治療することもあります。

 

 

リスクを知ってしっかり予防することが大事です。乳歯は虫歯でも生え変わるからいいかな、と思われる方もいますが、乳歯が虫歯だとあとから生えてくる

永久歯に大きな影響を与えることがあります。一生使う大切な永久歯を守るためにも乳歯のうちから虫歯予防を心がけて下さい。

お口の中を観察して虫歯なのかよく分からないこともあると思いますので歯科医院でチェックして下さいね! 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
森 奈美

森 奈美

歯科衛生士 Dental Hygienist新浦安ブライト歯科
虫歯や歯周病から歯を守っていく大切さをより多くの患者様に伝えられるように日々、勉強をしていきたいと思っております。 安心して治療やクリーニングを受けて頂ける環境作りを目指します!
新浦安ブライト歯科ホームページへ

-DH.森のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2020 All Rights Reserved.