TC.福島のブログ

気になったら歯医者へ…

投稿日:

The following two tabs change content below.

福島 俊光

歯科助手 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
患者様の不安な気持ちや緊張をしっかり取り除けるTCになれる様、日々勉強しています。皆様が、笑顔で明るく過ごしていける為の架け橋になれるように一"笑"懸命に頑張っていきます。宜しくお願い致します。

最新記事 by 福島 俊光 (全て見る)

こんにちは。

 

トリートメントコーディネーターの福島です。

 

新年度に入り環境が変わって来る方も多いのではないでしょうか。

年度末、新年度での疲れがどっと出てくるこの季節。

お口周りにも何かしらの障害が出てくる方も多いのではないでしょうか。

痛みや違和感があるけど歯かどうか解らない

どの病院に行けばいいのかわからない

実は歯医者さんでも診てもらえる事かもしれません。

 

ということで、今回は歯医者さんで診てもらえる意外な治療をご紹介します。

   

 

一般的な治療

虫歯

歯医者さんで一番多く患者様が来院される治療です。

虫歯はお口の中にいる細菌の感染によって歯質が柔らかくなってしまい歯が崩壊していく病気です。

歯を失う原因の40%がこの虫歯です。

 

歯周病

歯周病はお口の中にいる細菌の感染によって歯茎が炎症を起こす病気です。そして歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまいます。

歯を失う原因の50%がこの歯周病です。

「自分は大丈夫」と思っていても、日本人の80%は歯周病と言われています。

自覚症状がなく進んでいくので気を付けてください。

 

予防歯科

虫歯や歯周病にならない様に予防していくのも歯医者さんの大事な仕事です。

歯のクリーニングを行って口内環境を良くしていくだけではなく、歯磨き指導、歯質強化を促すフッ素を塗って行ったり、生えたての永久歯の溝をコーティングして虫歯になりにくくしていくシーラントなどがあります。

歯が痛くなくても、定期的に歯医者さんでお口の中を検診していくことが歯を残していくことで一番重要になってきます。

 

審美歯科

虫歯の治療で詰めた銀歯の詰め物や被せ物をセラミックなどの白い詰め物や被せ物で自然な見た目にしたり、歯を白くするホワイトイングを行うことで美しい笑顔を作ることができます。

新浦安ブライト歯科では、この4月から一日で医院で行う「オフィスホワイトニング」の受付を再開いたしました。今まで待っていた方や興味のある方は相談してみてください。

 

矯正

ワイヤーやマウスピースなどを用いて歯を正常な位置に戻す治療です。

審美性だけではなく、噛み合わせを良くすることで虫歯の予防や多くの機能障害を改善することができます。

 

こんな治療もあります

顎関節症

口を開け閉めする際に耳の周りで「カクン」「パキッ」「ジャリジャリ」などといった音が鳴ったり、口が開けづらいことがあったり、顎に痛みが発生したりする症状が出るのが顎関節症です。

原因は幾つかあります。

咬み合わせが正常ではなかったり、それに伴って顎周辺の筋肉に過度な負荷がかかってしまったり、歯ぎしりや食いしばりなどの癖で顎に負担がかかってしまっているなど。

治療方法はマウスピースを使用したり咬み合せを矯正したりといくつかの方法があります。

 

口内炎

お口の中にできものができて話すのも食べるのもつらくなる口内炎。はっきりとした原因は実は解ってはいませんが、3つの原因が考えられます。

まずは噛んだり歯が当たって粘膜が傷ついてしまう事。同じところに良くできてしまうという方は咬み合わせがあっていなかったり補綴物があっていないことがあります。

次が睡眠不足やストレスが溜まってしまうと免疫力が落ちてしまい口内炎ができることがあります。

そして偏った栄養を取ってしまうと口内炎ができてしまう事があります。実はどの栄養素が欠けたら口内炎になるのかは判明していないのです。しっかりバランスの良い食事をとってください。

 

いびき

寝ているときにかいてしまうこのいびき。自分自身で気付くことは難しいと思います。このいびきが厄介で、寝ている最中に鼻から肺へ続く空気の通り道が何らかの原因で狭くなってしまう事でなってしまい、重症になると10秒以上呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群になってしまいます。

呼吸が止まってしまう事で深い睡眠がとれなくなり、昼間に強烈に眠気が襲ってきたり、集中力や免疫力が低下してしまったり、長く続いてしまう事で高血圧や心筋梗塞になりやすくなってしまうなど悪影響を及ぼしてしまいます。

歯医者さんでできる改善方法の一つとしてマウスピースを入れることで気道確保ができいびきが改善されることがあります。

 

唇をぶつけて切れてしまった

新浦安ブライト歯科の周りには幼稚園や保育園があり、意外とこのような患者様がいらっしゃいます。

唇から出血していると思っても、実はお口の中の上唇小帯と呼ばれる上唇の内側から上前歯の歯茎の中心に繋がっている膜が切れて出血していることがあります。

またぶつけたことで歯の神経が死んでしまう事もあります。

特に小さなお子様に多いこの怪我。焦らず慌てずに相談してください。

 

よくむせる

よくむせるのと歯医者さんって関係あるの?と思う方もいるかもしれません。むせることは誤って気管に入った異物を外に排除するために肺が起こす防御反応です。通常であれば正常な反応ですが、この機能が低下してしまうとこの様な反応が出てこなくなってしまいます。そうなると寝ている間に唾液が肺に流れ込んでしまいます。お口の中には500700種類の菌が生息していてこの大量の菌が誤って肺に流れ込んでしまい肺炎を起こすことがあります。これを誤嚥性肺炎と言います。この予防のためにはお口の中の環境を良くしていくことが必要になります。しっかりお口の中の環境を良くしていけば誤って唾液が肺に流れ込んでしまっても肺炎に繋がりにくくなります。

 

気になったら相談を

この様に歯医者さんでは虫歯や歯周病以外にも沢山の症例を診ています。

お口周辺で痛みや違和感が出ている方、気になっている方は一度、新浦安ブライト歯科までご相談ください。優しい先生や衛生士が皆様をお待ちしております。

 

なお、ゴールデンウイークの休診日は429()30()53()4()5()となっておりますので、ご了承ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.

福島 俊光

歯科助手 Treatment Coordinator新浦安ブライト歯科
患者様の不安な気持ちや緊張をしっかり取り除けるTCになれる様、日々勉強しています。皆様が、笑顔で明るく過ごしていける為の架け橋になれるように一"笑"懸命に頑張っていきます。宜しくお願い致します。

最新記事 by 福島 俊光 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-TC.福島のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2022 All Rights Reserved.