Dr.千葉のブログ

口の中にカビが。。。

投稿日:

The following two tabs change content below.
千葉健太郎
患者様が気軽に悩みを話して下さり、それを解決し笑顔で帰って頂けるような、気さくな関係性の構築を目指しています。
千葉健太郎

最新記事 by 千葉健太郎 (全て見る)

こんにちは、歯科医師の千葉です。

先日、『舌が白くなって痛い』と来院された患者さんがいました。

もしかしたら、それはカンジダ菌というカビかもしれません!

 

口腔カンジダ症とは

口の粘膜についた白い苔状の付着物のことです。

特徴は、ガーゼなどで拭えば簡単にとれることです。

言い方を変えれば、拭ってもとれない場合は、カンジダでない性が高いということです。

 

口腔カンジダの原因

真菌というカビの一種です。
カンジダ・アルビカンス(Candida.albicans)とよばれる真菌が原因となることが多いです

カンジダは常在菌といって、誰もがもともと持っているものなのです。
免疫力が下がった時に、カンジダの増殖を抑えることが出来なくなり、カンジダ症を発症することになります。

このように、免疫力が下がった時に発症してしまう感染症のことを、日和見感染といいます。

分類

偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症

偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症

出典:北海道大学歯学部口腔診断内科

白い苔状の付着物を認めます。

一般的に口腔カンジダ症といえば、偽膜性カンジダ症を指します。
白い苔は、ガーゼなどで拭えば簡単に剥がれるのが特徴です。

痛みを感じることはほとんどありません。

萎縮性(いしゅくせい)カンジダ症

萎縮性(いしゅくせい)カンジダ症

出典:北海道大学歯学部口腔診断内科

粘膜が赤くなり、特に舌の場合は、舌表面のぶつぶつ(舌乳頭)が小さくなり、平になってくるのが特徴です。

痛みを伴うことが多く、味覚障害を引き起こすことがあります。

全身的要因

抵抗力の弱さ(新生児やおじいちゃんおばあちゃん)

免疫力を低下させうる病気(エイズ、糖尿病

免疫力を低下させる薬(免疫抑制剤、副腎皮質ステロイド剤)

局所的要因としは、口腔乾燥症や口腔清掃不良も関係します。

 

どこの病院に行くべきか?

一般的には歯科、特に歯科口腔外科になります。
専門的に診てもらえる歯科がない場合は、皮膚科が診察することもあります。

口腔外科では、その白いコケ状を呈しているところを綿棒で拭って、細菌検査を行い、カンジダを特定し、確定診断を得ます。

治療

 

口腔カンジダ症の治療は、抗真菌薬による薬物治療となります。

口腔カンジダ症に適応があるのは、製品名がフロリードという名称のイミダゾール系抗真菌薬になります。

ゲルタイプのものが用いられます。

 

フロリード・ゲル

出典:持田製薬株式会社
フロリード・ゲル(経口用)は、1本5グラムのチューブ状の薬です。これを1日あたり10〜20グラムを毎食後と寝る前の計4回に分けて使います。ですから、1回あたり、0.5本か1本ということになります。

お口の中全体に広がっている場合は、できるだけ長い間お口の中に含み、その後飲みます。

投与期間は、最大で14日となっていますが、使い始めて7日たったころに、症状に改善が認められない場合は、中止する必要があります

予防

お口をきれいにして何かあれば早めに歯科医院を受診する!

虫歯予防と一緒ですね。

癌かもしれないと悩まれる方も多いので、近くにこのような方がいればぜひ教えてあげてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で新浦安ブライト歯科をフォローしよう!

The following two tabs change content below.
千葉健太郎
患者様が気軽に悩みを話して下さり、それを解決し笑顔で帰って頂けるような、気さくな関係性の構築を目指しています。
千葉健太郎

最新記事 by 千葉健太郎 (全て見る)

新浦安ブライト歯科ホームページへ

-Dr.千葉のブログ
-, , , ,

Copyright© 新浦安の歯科、歯医者「新浦安ブライト歯科」ブログ , 2019 All Rights Reserved.